FC2ブログ
97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問 
日曜日の夜は西大島の「與兵衛」。午後に土砂降りの雨だったが出かける頃にはもう空は晴れている。荷物になるから傘無くてもよいやと出かけたら、途中で雨が降ってきてコンビニでビニール傘を買うという、いったい何やってんだという結果に(笑)

7時ちょっと過ぎに入店。この日は4席予約が入っていた。親方となんだかんだ雑談。土曜は当日キャンセルが出たとの事。この店のようにフラっと入ってくることが期待できない立地での当日キャンセルは厳しい。なんでも人の名前上げて「XXさんの紹介です」と予約あったそうだが、紹介ですといって来る客にも変なのが多いからなあ。

まず「喜正」大吟醸。香りがよくサラッとした飲み口。あきるの市の酒蔵。ラベルは見かけたことあるが飲んだのは初めて。

まずはつまみの一皿が供される。マグロ炙り漬け、海老頭、ホタテ煮浸し、白イカ漬け、シャコ、アワビ塩蒸し等。

漬け込みのシャコはふっくら肉厚。アワビも立派な琵琶色の貝を出して切り付ける。お酒は九平次に切り替え。酒が美味い。

適当なところで握りに。定番の技が光る。まずはマグロ漬け。ネットリした旨味あり。固めに炊いた酢飯が、種を噛みしめると同時に口中でほぐれて行く。酢飯との相性を第一に考えた仕事。

マコカレイは一味を噛ませた甘酢漬けとアサツキを挟んだ胡麻醤油の漬け。イカ。シマアジは漬けの皮目を焼き霜にして削ぎ切りにしたものを3枚合わせて握る。この店の名物だが実に美味い。

海老は甘酢に潜らせてから握る。小ぶりなものを選ぶのも酢飯とのバランス。ここからクライマックスの光り物が連続で。キスは酢飯との相性よし。アジは肉厚でふっくらした身。イワシは実によく脂が乗っている。削ぎ切りにした身を3枚程度載せて握るのだがネットリした脂の旨味が酢飯に溶ける。

鮎は皮目を焼き霜に。香ばしい香りがホロホロ崩れる身と共に酢飯に溶ける。市場に良いハマグリが無かったというので、本日は煮イカが握りで。ツメが独特の濃い風味。白い爽煮風のアナゴはふっくらして脂がよく乗っている。最後に玉子。

この店にしかない独特の仕事をこの日も堪能。技が光る、西大島にある珠玉の店。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック