97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大阪松竹座七月大歌舞伎遠征 写真日記
6月の歌舞伎座昼の部で、仁左衛門復活の「お祭り」を観たのだが、大阪松竹座七月大歌舞伎の公演にまた仁左衛門が出る。七月歌舞伎座の予約は月の後半なので、週末に大阪遠征しようかと計画。チケット松竹で検索すると、大阪松竹座の席は昼も夜も結構空いている。歌舞伎座のほうは週末はほとんど満杯なのだが。土曜昼の部の一階席を予約。

osk001

金曜の仕事を終えて新幹線に。大丸地下で弁当購入して一杯やりながら。どちらにせよ金曜は移動してホテルチェックインするだけだから、のんびりと。

osk031

新大阪駅を降りてエスカレータに乗ると、人々が左側を空けて右側に立つ。関西だなあ。予約したのは中之島のホテル。まだ開業間もないようで備品類も新しい。四つ橋線肥後橋駅というのは初めて降りた。チェックインして最上階の大浴場で風呂につかってのんびり。

osk002

翌日土曜日、チケット取ったのは昼の部。開演は11時なのだが、早めに「なんば駅」まで出てとりあえず松竹座の場所を確認してから、回りをブラブラ。

osk003 osk004

すぐ近くが道頓堀。道頓堀というと、なんといってもグリコ。江崎グリコゆるしたる(笑)

osk005 fgdyyytt

かに道楽の傍を歩くと、蟹を茹でる香りがしてくる。「くいだおれ」は廃業したが、人形のほうは再就職して、いまだ元気に第二の人生を頑張っております。シニア世代の鑑のような話。

osk01

大阪松竹座一階に展示の絵画。ベルナール・ビュッフェの作品。「暫」

osk008 gtuyuiiu

大阪松竹座は歌舞伎座に比較するとずいぶん小さな小屋で舞台の幅も小さいが、客席と舞台が近い。

この日の席は6列8番 花道からも4列目。舞台中央を右側に見るのだが、その右側が通路なので前席の座高問題がない素晴らしい席。どの演目も実に面白かった。歌舞伎の感想はまたエントリーを改めて。

osk011

昼の部終了の後は、また近くをブラブラ散歩。大阪松竹座のすぐ横には人形浄瑠璃の竹本座跡地の石碑が。昔から人々が集まった場所だったんだなあ。

osk013 osk014

法善寺横町もすぐ近く。ここに来るのは実は初めて。しかし周りは飲食店だらけ。まさに大阪は食い倒れの街ですな。不動明王の柵には、黒猫がバターンと倒れるように眠っている。人形かと思ったが、時折動くのでやはり本物の猫なんですな。

面白そうな店があちこちにあり、焼肉や串カツなんかも食べたかったが、今夜は予約してある場所がある。しばし回りを散策した後、ホテルでちょっと休んでから北新地に移動。

osk020

開店してすぐの時にも一度来た「鮨 ほしやま」。祇園「まつもと」の弟子が北新地に出した江戸前鮨の店。新橋鶴八30周年で会って以来だが商売順調のようだ。寿司日記はまたエントリーを改めて。

osk021

ホテル近くのこのビルは、地震があったらボキッと折れそうな気がして怖いですな。実際には阪神大震災の時も被害なかったそうであるが。まあそれはちゃんと計算して建ててるのですな。

osk023

ホテル横の道なのだが、正面は建物で道は右に曲がっている。ところが照明の関係で、なんだかこのまま道が続いており、うっかりしてるとこのまま直進してしまいそうな。大変危なそうな道だ。事故は起こってないのだろうか。

そのまままた一泊して、日曜の午前中には東京へ戻る新幹線の中。あっと言う間の大阪歌舞伎遠征終了。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/17(木) 21:31:45 | | #[ 編集]
船乗り込み行かれたことがありますか。芸能の昔をしのぶ優雅な行事ですよねえ。

昨日は、歌舞伎座七月大歌舞伎夜の部でした。海老玉に、中車と猿翁一門、なかなか面白かったです。歌舞伎役者のブログも時折拝見しておりますが、なかなか面白いですね。

東京も本日梅雨が明けまして、いよいよ夏本番です。
2014/07/22(火) 22:22:33 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック