97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
先週土曜の夜は「しみづ」。店に入ると最多来店記録F氏の隣。大阪歌舞伎遠征や「ほしやま」に寄ったこと、「笹田」の鮎など、あれこれ雑談。清水親方からは、「また行かなくてはいけない店が増えますよ」と。俄かに信じがたい話だが、しかしそう言われてみれば、なんとなく心当たりの節もあるような。そうなのかなあ(笑)←いったい何のこっちゃ(笑)

お通しは香りよい枝豆。お酒は外が蒸し暑かったので、久々に冷たいのを所望。何も言わずともいつも通りに始まっている。

最初はカレイ。肉厚で旨味あり。タコも実に太い立派なもの。カツオは薬味醤油で。これもネットリと脂が乗ってきた。アワビ塩蒸しは肝も添えて。いつもながら海の滋味が全て凝縮した素晴らしい旨味。握りにするよりゴロンと切ったつまみで貰うほうが好きだ。アジはネットリした脂が乗って実に美味い。今がちょうど全盛期だろうか。トリ貝、小柱、ミル貝ヒモと貰い、夏のサバ。脂よりも旨味のほうが印象的。カスゴの塩焼きは酒の肴に好適。ウニもつまみで。この辺りで握りに。

まずキス。相変わらず酢飯によく合って秀逸。珍しくイナダが。コハダはまだ大きいものの片身を厳しく〆て。赤身、中トロ。相変わらずマグロはしっとりした旨味あり。アナゴは塩とツメで1貫ずつ。口中で溶け崩れる美味さ。最後はカンピョウ巻で〆。いつ来ても変わらぬ旨さを堪能。

勘定しているとF氏が「今日は店出て右に曲がりますか、左ですか」と問う。ちょっと風邪気味なので、「P.M.9」には寄らず、右に曲がって新橋からタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック