97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
月曜夜は、「新橋鶴八」で一杯。

入店するとカウンタ一番奥の指定席に、大常連O氏が既に座っておられて悠然と飲んでいる。ご挨拶して近くに座り、親方入れてあれこれ雑談しながら。

日本酒冷酒を頼んで。つまみから。お通しははまぐりの貝柱煮付け。いつも通り最初に切ってもらうのは白身。まずカレイ。肉厚で濃い旨味あり。 次はアワビ塩蒸し。炒りつけるようにして水分を飛ばしてあるが弾力に溢れ、香りが実によい。

O氏と雑談中、最近どこか新しい寿司屋行きましたかと問われたので「鮨竹」の話など。石丸親方は、弟子がインターネットであれこれ見た話を聞いてるらしく、「イカの粕漬けとかつまみで出してるんですって?」とやたら詳しい(笑) 私が行った時には出なかったから、まああれこれ試しているところなのだろう。

石丸親方に言わせると、「店を始めた最初はあれこれ新しいことを試したくなるんですよ。でもね、最後は基本に戻ってくるんです。それでなければ。クニのところ(しみづ)だって最初はあれこれ出してましたが、最近はそんなでもないでしょ」と。まあ確かにその通りかもしれぬ。

つまみで肉厚のアジ。ふっくらして脂が乗っている。ハマグリは伝統の漬け込みの仕事。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。まず中トロ。ここの寿司は煮切りを使わないが、自分でつける醤油が実に爽やかでスッキリしている。まだお酒飲んでいる時に、入り口近くの二人組みがコハダを頼んだのだが、新子にしますかと聞いて4枚付けくらいの小さいのを握っていた。ここであんなに小さなコハダを使ってるのを見たのは初めて。

私もコハダを頼むと、「新子にしますか」とは聞かれず、黙って分厚いコハダの片身漬けと、ある程度大きい新子の二枚づけが出てきた(笑)。まあペラペラの小さな新子はここの仕事には合わないのだけど、話の種に一度くらい食したかったなあ。しかし、厚みのあるコハダはいつもながらネットリした〆具合。

アナゴは最盛期で身がトロトロ。鶴八系のとろけるアナゴに慣れたら、小さいのを爽煮にしたプリプリの噛みしめるアナゴなんて美味くも何とも感じなくなる。ま、好き好きですが。関西風の焼きアナゴは別の旨さがあるけれども。ハマグリのお汁が出て、最後はカンピョウ巻。ふっくらと米の旨味を感じる酢飯。

最後にお茶を飲みながらまた雑談。鶴八系弟子歴の最長不倒記録を更新しつつある眼鏡のお弟子さんは今年で19年目。なんと今度一人立ちして自分で店をやるのだとか。店の場所がまた驚愕なのだが、興味ある人は店に行って親方に尋ねるよろし(笑)

「新橋鶴八」は8月7日が開店記念日なのだとか。カウンタに座ってる間にも常連から7日の予約がポツポツと入って来る。 お祝いなど何ひとつ要らないけれど、お客様が来てくださるのが一番嬉しいんですよと親方。いぶし銀の魅力がある職人の店だが、客にもいぶし銀のような常連が多いのだ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/11(月) 00:03:20 | | #[ 編集]
先週土曜日より日本脱出しておりまして、台風はなんとか逃れました。日本各地に雨の被害がすごかったようですね。南洋ボケを昨日より癒やしまして、お盆休み後半は歌舞伎座にて8月納涼歌舞伎を観に行く予定です。しかし本日は東京雨の予報という。
2014/08/14(木) 15:00:01 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック