97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
金曜の夜は「新ばし しみづ」。開店前に店に向かって歩いて行くと、「久」の店前で久志氏と遭遇。「今日は、しみづですか、ありがとうございます。いってらっしゃ~い」と声をかけられる。この通りを歩くと、しみづグループの誰かに会うなあ。

入店するとカウンタ一番奥には最多来店記録F氏が既に座っている。なんでも夏休みではなく仕事だったそうで。グアムの話など雑談しながらまず冷酒を貰って始めてもらう。河岸は月曜から木曜まで開場しており金曜がお休み。「しみづ」はお盆中営業したが、日曜から三連休なんだそうである。

お通しは枝豆。香りよし。まず白身はカレイ。なかなか肉厚で旨味あり。コブ〆も。新イカゲソは軽く湯がいて。前回来た時は種札に登場する寸前とのことだったが、新イカのゲソは癖のないあっさりした仄かな甘味が実に旨い。

薬味醤油で食するカツオは腹の身。まだ爽やかな脂だが次第に濃厚になってきた。タコも旨味が充実。アワビはいつも通りゴロンと大きく切りつけて、肝と共に。この芳醇な旨さは他に比類がない。

〆サバに胡麻をまぶした一品。そういえば「孤独のグルメ」博多編で似たようなのが出てきたのを思い出した。脂よりも旨味がまさる夏のサバが胡麻で引き立つ。なにやら白い大きな身を出してきたと思ったらツブ貝。食するのは久しぶり。夏は貝が少ないので、つまみ用に時折入れているとか。握りには合わない種かなあ。コリコリした歯ごたえがよく、クリーミー。トリ貝も淡い果物のような酸味と甘味が口中に広がる。

カスゴは炙らずにふっくらしたまま。つまみで食するとこれまた酒のつまみに実に良い。肉厚のアジは酢でちょっと〆て濃厚な甘味を引き出して素晴らしい。ミル貝ヒモ、車海老は軽く炙って。頭も鬼殻を外して炙ったものが供される。

グアムでは海産物はまったく食べる気がしなかったので、久しぶりに旨い魚をあれこれ食べて生き返った気分。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。まず定番のキス。ここの酢飯とぴったりフィットする他には無い仕事。癖になる。スミイカ新子。まだ小さく身は薄いがスカッと切れる歯ごたえは、確かにスミイカのもの。雑味のない爽やかな旨味。魚介類も年齢がゆくと、中性脂肪やら悪玉コレステロールやら溜まってだんだん肉に雑味が交じるのではと、コハダやスミイカの新子を食べるために思うなあ(笑)

淡路で上がったというブリの子供、ショッコ。出世魚で東西で名前が違う。カレイよりも脂はあるが、それでも癖なくあっさりしている。マグロ赤身、中トロ。ここのマグロは、いつも噛みごたえがしっとりして酢飯にネットリと絡み、香りと共に口中に至福の旨味が広がる。難しい時期だがそれでも安定しているところが素晴らしい。

コハダは二枚づけ。もうさすがに昨年の選手(笑)は残っておらず新子に交代。四枚くらいのも握っている。アナゴは塩とツメとで一貫を半分ずつ。トロトロの柔らかさ。最後はカンピョウ巻で〆。お盆休みの難しい時期だが、それを微塵も感じさせない安定した仕事。素晴らしかった。

店を出た後左に曲がって「P.M.9」に。F氏も後から合流して、バーテンダーM氏も入れてあれこれ雑談。ドライ・マティーニ貰って、後はシングルモルトを2杯。

F氏は最近、バーで飲みだすと何杯飲んだか分からなくなると言う。ゴルフでは初心者用に腕時計型のショット・カウンタがあり、それを装着しておいて一杯飲むたびにカチリ、カチリと押しておくと記録できるとアドバイス(笑) 「まてよ、スマホのアプリで、飲んだ量を記録できるのを出したら売れるんじゃないか」、「どんな機能を入れるか」等とF氏と話していると、バーテンダーM氏が、「何を何杯飲んだかは、私に聞いてくれればいいじゃないですか」と結論。それはその通りだ(笑) バーテンダーはバーを司る酒飲みの相談役かつコンサルタントにして、酒の祝祭の司祭ですからな(笑)



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック