97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、八月納涼歌舞伎第一部を観た
さて、いよいよ夏休み最後の日だ。富岡八幡宮の例祭もあるのだが、本日は歌舞伎座、八月納涼歌舞伎、第一部に。これで今月は三部すべて観る事になる。休み最後の日に遅くまで観劇というのも大変だから、まあ順番としてはよかったかな。

201408171611006b2.jpg 20140817161119055.jpg
201408171611345c8.jpg

取った席は一階の7列目。通路際なので前席の座高を気にしなくてよい。まあ一階席はお年寄り多いから、あまり大きい人いないけれども。本日は結構空席があちこちに。隣も最後まで誰も来なかった。

最初の演目は、「恐怖時代」。文豪、谷崎潤一郎が大正時代に発表した戯曲をもとに武智鉄二が演出したのがオリジナル。

扇雀が主演するのは大名の側室お銀の方。周りの男たちを手球に取って謀略を巡らし、正妻を毒殺し、自らの子供に大名家を継がせようとする大変な妖婦。扇雀はこの公演で四役演じる出ずっぱり。勘九郎、七之助、獅童、彌十郎も同じくこの暑いのに獅子奮迅の働きである。扇雀は印象的な好演。妖気のある悪役が似合っている気がする。

物語は、全編を通じて悪人ばかりが出てきて、血なまぐさくも凄惨。御前試合で切られた侍の断末魔は、ある程度様式化されてるとはいえ、実にグロテスク。痙攣する手の演技など芸が細かく、ブライアン・デ・パルマの「殺しのドレス」を思い出した。その他にも血生臭い場面多し。

梅野を演じる萬次郎は、輝虎配膳の三婆もよかったが、この芝居でも上手い。ただ存在感あって上手いとは思うけれども、実年齢が60歳過ぎで、七之助演じる小姓、磯貝伊織之介と将来を約束しているという役には、いくらなんでも年取り過ぎているのでは。二人の場面でセリフによって失笑が湧くのはそのせいだ。

七之助は前髪の残る小姓で、美しく儚くも実は凄まじく剣が立つ、一種の美しき殺人機械である磯貝伊織之介を演じてきちんと成立している。彼がただ一人本当に愛したのはこの姦計の全ての首謀者お銀の方。しかし二人とも最終的には自らが縁起となった破滅の波に飲み込まれて行く。

怖がり屋の茶坊主珍斎役の勘九郎は、この演目でも軽妙な演技で観客を笑わせ、きちんと成立している。血なまぐさいことが大好きな暗愚で異常な大名を演じる橋之助は、ちょっと異様な迫力を見せるけれども、狂気じみた暴力と血への執着があまりにも唐突。最後の幕に出てくるまでに何か伏線が張られていないと、その和製カリギュラの暴走について行けないところあり。

物語全体に谷崎の深みのある耽美が浮き上がってこないので、凄惨な場面も若干空回りして、観客に一部痴呆的な笑いが起こるのはちょっと気になるところ。この演目も大先生の書いた新歌舞伎で、武智鉄二熟練の演出とはいえ、上演回数も少なく演出が練りに練られて完成しているとは言いがたいところがある。

ただ、第一部で出すのは正解で、夜の打ち出しでこれをやられたら、物語の救いの無さに、帰り道の気分がよろしくないだろうなあ(笑)

ここで30分の幕間となり、昼食の後は第二の舞踊劇「龍虎(りゅうこ)」

獅童と巳之助が竜虎を演じる。鳴り物も新しい感覚で、演出も面白い。後見がついて舞台上での早変わりはなかなか印象的。あの踊りは体力無いとできないだろうなあ。これで第一部終了。2時間が「恐怖時代」で幕間が30分。ここで食事して20分の舞踊「竜虎」で終わりというのは、なんとなく興行としてバランスがねえ。まあ三部制にしたらそうせざるをえないのかもしれないが。

さて、夏休みの更新は、本日分まで追いついたのでこれで終了。明日からはまた仕事か。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック