97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 久」訪問
木曜は会社帰りに「新ばし 久」で一杯。

まず、お酒は黒龍大吟醸。癖がなく幽かな甘味。サラサラと流れる清水の如し。グラスに注いだらガブガブ飲めるな。本当に実行したら後が大変だが(笑)

6時過ぎに入店したのだがカウンタには既に3組ほど。その後次々に当日予約が入り結構店は盛況であった。

まず先付けの一皿。カマスの押し寿司、塩蒸しアワビ、ぜいたく玉子。カマスは酢〆にして皮目は焼霜に。酢飯の具合もよい。塩蒸しアワビは「しみづ」のアワビと遜色なし。肝を添えて。贅沢たまごは、半分に切った茹でたまごに洋風の濃厚なソースを載せウニを添える。これまた旨い。

お造りは、旨味あるマコカレイ、カツオ、トリ貝。どれもよい物を入れている。お椀は、エビ真丈に焼松茸を添える。これもここの定番だが、真丈が出汁に溶け崩れて誠に旨い。お酒は大吟醸をおかわり。飲み過ぎて危ないので、ゆるりと(笑)

魚料理は、宍道湖の天然鰻をつけ焼きに。蒸さずに皮目をパリパリに炙る。西の鰻のほうが天然でも生臭くないとのこと。口中には香ばしい鰻の香りが一杯に。酒のつまみに実に旨い。

水茄子を塩で。そういえば「鮨竹」でも水茄子がお通しで同じように供されたっけ。お酒は「大七」に。こちらは一転米の旨味を感じるずっしり重たい酒。

肉料理はローストビーフ。付け合せのリーフもしっかりした酢でトスされて旨い。若い時は焼き肉でカルビ等いくらでも食えたが、今はこの程度で十分だなあ、などとご主人の久志氏と雑談。ガッツリ大量に食べなくても、旨いものをちょっとだけというのがよい年齢になってしまった(笑)

ここまででおきまり終了。この店の得意料理、フライ物で車海老とアジを。車海老は鮨屋で使う生きた立派な大車を注文の都度揚げる。天ぷらの細巻とはまた違った重厚の旨さ。お昼に、炊飯土鍋の炊きたてご飯とセットで、ミックスフライ定食2500円というランチやったら食べに来るけどねえ(笑)

最後はチョコムースでお茶を一杯。先付けにお椀。刺し身に焼き魚も肉料理も楽しめる、随所に和食と洋食がハイブリッドしたカウンタの気楽な割烹居酒屋。飲み足りなければ「P.M.9」に寄ってまた一杯もやれる。実に結構ですなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック