97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問
この前の日曜夜は、西大島「與兵衛」。土曜に電話して予約。

入店すると種札には「新子」と「新いか」が。ごく短い期間しか使わないから、あんまりお目にかかったことがない札だなあ。などと親方と雑談しながら。

まず本日の大吟醸「楯野川」を貰ってお通しの一皿。海老頭、ヒラメ縁側甘酢ヅケ、アワビ塩蒸し、漬込のシャコ、ホタテ煮浸し、マグロヅケなど。酒が進むw アワビは房総の立派なもの。お酒は「十四代」に切り替え。女将さんによると、「十四代」は最近最近酸味が増したのではとのこと。元々若干の爽やかな酸味を感じる酒だけどねえ。

今度は九平次を貰って握りに。

まずはここ独特、ネットリしたマグロ赤身ヅケ。水分少なく固めに炊き上げたここの酢飯に実によく合う。

白身はヒラメ。東京湾だが、ヘタなマコ使うよりはこちらのほうが良いとは親方談。甘酢ヅケにはアサツキ、胡麻醤油ヅケには一味を隠し味に噛ませる。ここのスペシャル、皮目を焼き霜にしたシマアジもいつもながら安定した旨さ。

親方のジョークと雑談を入れながらおまかせ握りは続く。この店に来た有名人が来店した話など興味深く聞く。妹尾河童も来たことあるとか。私自身がここで会ったというと、某人気劇団主宰の爺様だが、最近もうすっかり老人特有のご病状が出て寿司屋通いはしてないのではと。人間老いには勝てないよねえ。

イカは新イカでも結構厚い身をヅケに。細巻海老は甘酢に潜らせおぼろを噛ませるいつもの仕事。ここの北寄貝の甘味の引き出し方は他店ではお目にかかったことがない。

新子2枚付け。キスは「しみづ」とはまた違った風に旨味だけが凝縮している。色んな仕事があるもんだよなあ。イワシはトロトロの脂が強い〆で蜜蝋のように固まっており、旨味が酢飯に溶け崩れて行く。ハマグリ、アナゴと出た後、「アッ、秋刀魚を出し忘れていた」とのことで、再び光物に。〆てから皮目を焼き霜にした秋刀魚は香ばしくも口中で酢飯に溶けて行く。

最後に玉子で〆。この店でしか出会えない独特の仕事の数々。いつでも店を出る時の満足感は比類がない。満ち足りた気分で店を出た。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック