97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「天麩羅なかがわ」訪問
先週土曜日は、そうだずいぶんとご無沙汰してしまったと思いだして、築地の「天麩羅なかがわ」訪問。

当日昼過ぎに電話かけて名前告げたとたん、「いつもありがとうございます」とご主人の快活な声。明るい声で電話の応対するのは商売の基本で、私の行ってる寿司屋でも何処もそうだが、この店は特に気持ち良い受け答え。予約の時から既に胸の高鳴る店訪問が始まっているのだ。

夜は開店と同時に入店。冷たい日本酒を所望。何も頼まずとも、おまかせのコースが始まる。

まずは甘味を残してさっと揚げた海老が2。最初は塩で食べるかと思いつつ、いつも天つゆを使ってしまうなあ(笑)鬼殻を取った海老頭は深く揚げて香ばしい。

キスもしっかりと水分を飛ばして旨味が凝縮。海老と共に天麩羅を代表する種。夏の名残、アオリイカは分厚い身。中心部分は生で供される。秋の香りを感じる銀杏。ハゼは秋からが本番とのことだが、ホロホロと崩れる繊細な身で香りもよい。

富山産の岩牡蠣は、濃厚な旨味。すだちを絞って塩で食する。伏見唐辛子、小玉ねぎは口直しに気分が変わってなかなか結構。メゴチはしっかりした揚げきりで旨味が実に濃い。これまた天ぷらのためにあるような魚。アナゴも深く熱を通してまさしく口中に福を呼ぶが如し旨味。茄子、サツマイモと野菜で〆。

最後は小柱のかき揚げで小天丼。しじみの赤だし、お新香と共に。ツウは天茶だという説も聞くが、なぜかいつも天丼にしてしまうなあ。実に満ち足りた気分でお勘定を。「次は松茸の頃ですかね」と中川氏が。そうねえ、もっと来たいが、やはりそうなるか。今年の国産松茸は、広島が大雨洪水で打撃を受けたので、結構大変ではとのこと。しかしまた来なければ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック