97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座で秀山祭九月大歌舞伎 昼の部を観た
土曜日は歌舞伎座、秀山祭九月大歌舞伎、昼の部に。

20140914134719a2d.jpg 201409141347340c7.jpg
201409141347497b0.jpg

席はほぼ舞台正面の8列目。大変見やすい席である。

最初の演目は、

「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)~ 菊畑」

浅黄幕が切って落とされると、菊が盛りの大きなお屋敷の庭が広がる。秋の雰囲気にあふれて清々しい、実に気持ちのよい風景。

表には見せないが実は源氏に心を寄せる主人公や、源氏再興のための秘宝探索、他人と思えば実は生き別れた兄弟だったというのは歌舞伎ではお約束の設定。別の人物に扮しているがその正体実はというのも時代物ではよくある設定。ただ事前にあら筋を頭に入れていないと場面の転換について行けず、肝心の見どころを見逃してしまうことになる。

今回は金曜まで海外出張しており、それどころではなかったのでほとんどぶっつけ本番で観劇することに。短い時代物狂言なのだが、鬼一法眼と智恵内実は吉岡鬼三太が実は兄弟であるという部分の面白さがあまりよく分からなかったのが残念。やはり事前に少しだけでも予備知識入れておく必要あるなあ。義経を杖で打つのをためらうのは「安宅」の反映であるというのも後から解説読んで得心がいった。そういえばそうだ(笑)

疲れていたところにもってきて、開演前にスパークリングワイン飲み、時差ボケも襲ってきて、時折睡魔に襲われたのも観劇にはよろしくなかったかも。

知恵内役の松緑は力が強く、忠義に厚く、洒落っ気もあるという「色奴」と呼ばれる格好良い役を堂々と演じて成立している。歌六演じる吉岡鬼一法眼は、きっちりと演じているものの、あまり膨らみがないような。短い狂言の割には人間関係や設定が交錯するのだが、どの場面も明るく綺麗で、登場人物の衣装も映える。米吉演じる皆鶴姫のクドキも印象的。

義太夫に乗せた「ノリ」のテンポのよいセリフ掛け合いは、江戸時代のラップ・ミュージックの如し。三味線そのものが、それ以前の琵琶や琴などの和楽器を蹴散らすような音量を持った当時最先端の楽器だったのだよなあ。

昼の部メインの演目は、

「隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)~ 法界坊」

吉右衛門が極道坊主の法界坊を演じる世話物。義父である先代吉右衛門の当たり役。当代の吉右衛門が七面六臂の活躍で、稀代の悪人ではあるが愛嬌があり、どこか憎めない破戒坊を熱演。勘三郎にも似合いそうな役だなと思って筋書きの公演記録をチェックすると、勘三郎もずいぶん法界坊を演じているのだった。

気楽な喜劇であるから、腕くんでしかめっ面で芸があれこれと品評しながら見るような狂言ではない。吉右衛門はサービス精神満点で、随所にくすぐりを入れて客席の笑いを誘う。

突然舞台の前に出てきて、手紙を「ほれ見てご覧なさい、ちゃんと書いてある」と最前列の客に見せて、証人になってくださいねと頼み、二階や三階席にもかざしてみせる。穴を掘る時に、「いつ穴掘るんだ。今でしょう!」とやったのは客席の笑いは取ったがもうちょっと古いような(笑)。

花道の引込みでは、舞台中央で刀をかざす仁左衛門を振り返り、「あの二枚目は、片岡仁左衛門にそっくりだなあ。片岡仁左衛門は、若く見えても私と同い年なんですよ。今月の歌舞伎座では孫と一緒に連獅子を踊るんですよ」とまた楽屋落ちの笑いを誘う。後で調べると両名とも確かに昭和19年生まれなのだった。

錦之助の要助は、派手さはないが、品よく着実な芸。一門の中堅や若手にもあれこれ役を振って重厚ではないが賑やかな配役。大喜利の所作事は「双面」。吉右衛門の女形が踊るのはなかなか珍しい。吉右衛門の吉右衛門による吉右衛門のための「法界坊」だ。

鳥が絞め殺されているような、断末魔のヘナチョコな声で大向うかけるジイさんだが、開演には遅れたようだが途中から登場。誠にご精勤ですな。

打ち出し後は銀座をブラブラ。夜は鰻を食す。

201409141348115f3.jpg

20140914134831946.jpg

クリスマス・シーズンには、ビル全体がギフト・ラッピングのイルミネーションで飾られる、カルティエのビルが無くなっている。カルティエ自体は別のビルに移転して営業。銀座では、松坂屋も建て壊して更地になっている。街も次々変わってゆくなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック