97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座で、秀山祭九月大歌舞伎夜の部を観た
この前の月曜祝日は歌舞伎座で、秀山祭九月大歌舞伎夜の部を。取ったのは2階西の桟敷。ここは取れる時は取れるのだが、やはり観劇するなら一階かな。

20140918194627497.jpg 201409181946426aa.jpg

最初の狂言は時代物。明智光秀の謀反を題材にした義太夫狂言。吉右衛門が光秀を演じる、「絵本太功記(えほんたいこうき)尼ヶ崎閑居の場」

吉右衛門演じる光秀は、下手の竹藪から、大時代で重厚な雰囲気のある出で、怪異な表情が劇場の隅々まで見えるようにゆったりと演じて、たちまち観客をひきつける。これはまさに圧巻。

米吉は「赤姫」ぶりが可憐でよい。おっとりしたお姫様が悲嘆にくれながら夫の出陣の支度を手伝うのだが、力が無いので具足をひとつずつ一生懸命に奥に運んで行く。兜が重くて持ち上がらないので着物の裾を広げてようよう載せ、ゆっくり引きずってゆくというのは、姫らしいおっとりした健気さが出て芸が細かい演出。

ただ二階の桟敷から見ていると、壁の後ろに引っ込んだ後、米吉が「ハイよ」と兜を両手で持ち上げて後見に渡すところまで見えてしまう。一階席からは見えないので油断したのだろうが、歌舞伎座には二階桟敷もあるんだよ、オイ(笑)。

誰のエッセイだったか歌舞伎の舞台裏で、出に遅れかけた女形が、姫役の着物の尻を絡げて走って行くのを見て幻滅したという話を読んだが、それと同じような気がするなあ(笑)

なぜ真柴久吉が光秀の母親の家に来るのかとか、息子が出陣するのに光秀は母親の家で何やってるんだとか、よく考えるとあれこれ疑問がわくのではあるが、ひょっとして他の段で説明があるのか。まあ歌舞伎の時代物は、史実に基づかない自由なイマジネーションの産物だからなあ。

武智十次郎を演じる染五郎は、品格のある前髪の武士を印象的に演じている。謀反こそ正義と腹をくくった光秀を襲う悲劇。吉右衛門の重厚感あふれる演技が実によかった。

201409181947415bb.jpg

幕間は三階の「花篭」。ほうおう膳で一杯。弁当持ち込むのも歌舞伎の楽しみなのだが、食事予約するのものんびりできてよい。

冷酒飲んでのんびりしてると幕間もあっという間。次は「連獅子(れんじし)」。文殊菩薩が住むといわれる霊地清涼山に住む親子の獅子が題材の舞踊劇。仁左衛門のもつ独特の色気が十分に発揮されている。

清涼山を目指してやって来た浄土宗と法華宗の坊主が、鐘と太鼓を叩い合いをして、自分のほうが正しいと小競り合いをする場面では、錦之助と又五郎が、かけあい漫才のような軽妙な間合いで観客を笑わせる。

そして、この演目最大の見せ場、親子獅子の「毛振り」。実に目出度く、魔除けの効能があるような、壮麗豪華な場面。ただ、どこか、海老一染之助・染太郎を思い出してしまうんだなあ。「今日はいつもより多く回っております」

仁左衛門も71歳なのに、正確によく身体が動くなと感心。もちろん終わった後はバテバテだろうが、そう見せないのが役者魂。孫の千之助は14歳だから元気が有り余っている。祖父と孫が演じる円熟と若さのコントラストが実によかった。

最後の幕は、「曽我綉侠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ) 御所五郎蔵」

御所五郎蔵 染五郎演じる御所五郎蔵と、松緑演じる星影土右衛門がお互いに手下を連れて花道と上手に分かれて名乗り合う。七五調の黙阿弥の名せりふがテンポよく耳に心地よい。絢爛豪華な歌舞伎の様式美。

突然パッと明るくなるちょんぱの終わり。本来は五郎蔵も傾城皐月も死ぬと言うラストのようだが、原作の大詰めはカットされている。しかし夜の部の打ち出しにあたっては、主役が死ぬ場面で終わるよりも、斬り合いの途中で、「はい終りです~」というほうが後味よいかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック