97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「鮨つかさ」訪問
水曜の夜は会社帰りに、本願寺横の隠れ家店「鮨つかさ」。

常温のお酒を貰っていつも通りスタート。お通しは新イクラ。「昨日はお休みだったんですか」と高橋親方に聞くと、「いえ、やってましたが」と親方は怪訝な顔。私が曜日を一日間違えて、まだ火曜日だと思っていた。ボケてますな。わはは。

まずつまみから。白身はもうヒラメに。上品な旨味あり。当日〆たばかりというフレッシュなサバは関西で言う「生ずし」風。出始めの閖上赤貝は香りが実によい。

肉厚のアジは旨味十分だが、季節はもうそろそろ終わり。まだ新子の大きさが揃うというコハダもつまみで。小さいだけで旨味も香りもないのがあるが、これは新子独特の爽やかな香りあり。アナゴは炙ってキュウリを添えてつまみに。これまた酒が進む。

この辺りで握りに。まず旨味が濃厚なマグロ脳天の剥がし身。濃厚かつシットリした旨味が素晴らしい。スミイカもまだ新子と呼ぶべき大きさだが、スミイカ独特の歯ごたえあり。平貝は薄く切りつけて握る。この貝もこれからが季節。新イクラの軍艦巻。丸山海苔店の海苔は香りが素晴らしい。

ウニも軍艦で。アナゴは軽く炙って。なめこ汁が出て、最後はいつも通り脂のあるマグロひっかき身で鉄火巻き。すっきりした酢飯はどの種にもよく合って相変わらず素晴らしい。満ち足りた気分で店を出るともう風が涼しい。タクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック