97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
金曜の夜は「新ばし しみづ」に。

このところ夕方に電話するとほとんど満席で何度も断念していたが、久々に直前に電話してもカウンタが空いていた。まあ前もって予約してもよいのだが、当日になるまで会社出る時間が分からない場合もあるからなあ。

6時に入店するとほぼカウンタが埋まっていたが2席空きあり。しかしその後、「予約はしてないんですが」と来訪した客2組。最初の組は残念ながら空きがなかったが、奥の客が帰ってから来訪した二人組は、当日の来訪で入店。タイミングで空いてる時もあるんだなあ。

お酒は冷たいのを所望。お通しはざる豆腐にオリーブオイルをかけて。塩味が効いている。

いつも通り、何も言わずともつまみから見計らって供される。まず白身はヒラメ。カレイとはまた違うしっとりした脂の旨味。本当の脂が乗るのはまだまだこれからだろうが、海の中は着実に秋になっているのだろうか。スミイカ下足は雑味の無い爽やかな甘味。カツオはネットリした腹の身を薬味醤油で。

親方が、「新橋鶴八分店は、日曜からいよいよ営業開始ですよ」と教えてくれる。日曜をずっと営業するとは思えないが、まあ営業許可が下りた初日は内輪の客に披露したりするのだろうか。来週から営業が本格化したらまた訪問しなくては。新橋鶴八で分店の名刺貰った話をすると、「『ニュー』はついてなかったでしょ」と笑う。「ニュー新橋鶴八」だったら命名権を主張するつもりだったのに残念だ(笑)

アワビはゴロンと大きく切りつけて。肝も添える。しかし今シーズンは今週で打ち止めだとか。この店では来年までおさらば。実に名残惜しい。秋刀魚を〆てから皮目を焼霜にしたものがつまみで供される。寿司種にはないつまみ用だけに仕込む秋口限定のつまみ。寿司種というよりも、朝に炊立てのご飯のおかずにしたい味。勿論酒にも合うのだが。

トリ貝、ミル貝、赤貝と貝は三役揃い踏みで。サバも旨味あり。唐津の赤ウニとイクラを盛り合わせたものが出て、お酒はフィニッシュ。

ここでお茶を貰って握りに。まず一貫出てきたのがシマアジ。天然独特のプルンとした身は上品な脂で香りが良い。鮮度の落ちた養殖のシマアジと本当に同じ魚か疑うほどの旨さ。スミイカもだんだんと肉厚になってきた。中トロはいつもながらシットリした旨味と香りあり。コハダは一匹丸づけだが、ここの厳しい〆にも負けない本来の旨味が出てきた。小柱は軍艦で。小柱は不思議に海苔の風味とピッタリ合う。青柳は海苔と合う気がしないのに誠に不思議な話だ。肝臓に染みわたるハマグリのお汁が出て、最後はカンピョウ巻。

いつものように座って、いつもの物が旨い。実によいよなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック