97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
「新ばし しみづ」訪問。

早い時間だったのでカウンタはまだ空席あり。「新橋鶴八 分店」には行かれましたか、と親方が聞くので、「この前行ったよ」と伝えて、あれこれ雑談など。「ちゃんと儲かってるのかどうか分かんないんですよねえ(笑)」と。まあ最初のうちだから無我夢中なんでしょうな。立て込んだ時に、横の本店に酢飯借りに行ったらしいと伝えると、「しみづ」も本当に初期の頃、山葵が切れて本店に借りに行ったことがある由。近くに修行店あると便利ですな(笑)

お酒は冷たいのを所望。お通しはざる豆腐に塩とオリーブオイル。これはなかなか旨い。

種札見て尋ねるに、仕入れはやはり台風の影響があるとか。台風より波のほうが先に来るから九州はもう荒れている。二週連発で来るとやはり大変だろう。しかしちゃんと揃うものは揃っているのがこの店の素晴らしいところ。

白身はタイ。ネットリした旨味あり。スミイカは細切りにして。もうだいぶ肉厚になってきた。カツオは薬味醤油で。脂がよく乗っている。種札にはないが塩蒸しアワビが出てきた。もう終わりと聞いてたが、たまによいのが一つ二つは入ると買ってしまうらしい。種札に載せるほどにはもう入らないので、最初のお客に出して終わりとのこと。

サバは腹身の部分に脂が乗ってきた。カスゴもつまみで。漬け込みのハマグリもつまみで。牡蠣の塩漬けが小皿で。塩をして若干熟成させているのだが、酒の肴には実によく合う。ウニ、イクラを一つ盛りにして酒のつまみにチビチビと。

この辺りでお茶を貰って握りに。最初はキス。強く締めて水分を抜いて旨味凝縮。マグロは、稠密な細かい脂が入った霜降りに近いが大トロよりも中トロ側かなという曰く言いがたい部位だがシットリとマグロの旨味があり、ここの強い酢飯と口中で溶け崩れる至福を感じる。

ブリも一貫。北海道だそうだがサクを見るともうかなり大きいもの。若干寝かして旨味を引き出すとのこと。新橋鶴八のブリ腹身もつまみで貰う冬場の至福だものなあ。コハダは割と小型だが、ちゃんと肉厚なものを引いており、ここの締め方に合っている。「これは旨いですよ」と珍しく赤貝の紐を握りで。フレッシュな潮の香り。握りでもちゃんと合うなあ。穴子は塩とツメで。ハマグリの出汁のお椀を貰って、最後はカンピョウ巻で〆。

「しみづ」は今後の月曜から三連休。親方は車で温泉に行くとのことだが、台風の進路じゃないかな。「がけ崩れに巻き込まれて、寿司店店主死亡と新聞に出たら冥福祈ってください」と笑ってたが、タイミングがちょっと悪いかなあ。まあ前の18号も、関東上陸の際は力なく、スピードも上げてあれよあれよと言う間に通りすぎたから、大丈夫な気もするのだが。

そういえば、最近この店のカウンタに座ってると、この所必ず「予約してないんですが入れますか」と、特に若い客が訪ねてケース多し。入れる時も入れない時もあるのだが、ずいぶん頻度が高い。フラッと通りがかりの人が戸を空けるような場所でも店構えでもないのだが、何故だろう。何かのメディアで、飛び込みでも入れる時があるとか紹介されたかな。わざわざ来るよりも、事前に入れるかどうか一本電話で確認したほうがお互い時間の節約という気もするのだけれども。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック