97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
新橋演舞場,、「十月花形歌舞伎」昼の部を観た。
新橋演舞場で「十月花形歌舞伎」を観た。「市川猿之助奮闘連続公演」と銘打って、来月の明治座と二ヶ月連続で澤瀉屋一門の公演。

演舞場に来るのは初めて。女性客の多い劇場だけあってきちんと綺麗に整備されているが、幕間の女性化粧室は長蛇の列。ロビーや客席なども歌舞伎座のほうがずっとゆったりとしており、新歌舞伎座はなかなか進歩したんだなと妙な感心。座席については、今の新しいシネコンのほうがずっとよいけどねえ。

最初の演目は市川右近主演の「平家女護島 俊寛」

吉右衛門、仁左衛門、幸四郎、勘三郎などの大名題も何度も主役を務めた近松門左衛門作の歌舞伎時代物の名作。平清盛が栄華を誇った頃、謀反を企んだとして最果ての地、鬼界ケ島に流された俊寛達の物語。生き地獄のような貧しい島で、なんとか生き延びる俊寛たちに都から御赦免船がやって来る。喜びと絶望、怒りと友情。そして自己犠牲の果ての諦めと未練など、人間の喜怒哀楽を典型的に凝縮した物語。昔から残っている歌舞伎狂言というのはやはりきちんとしたカタルシスとドラマがある。

Kindleで読んだ、「勘九郎日記「か」の字」によると、勘九郎は「俊寛」を自分の会で演じた時、最後にちょっと笑顔を見せた。俊寛は、ある意味絶望の中でも満足してるのではと思ったのだが、親父の十七世勘三郎に「笑うんじゃない」と怒られた由。歌舞伎の型というのはある意味厳格だ。十七世は、なんでも「俺を真似しろ」と言い、セリフをちょっと変えると「勘九郎さん、新解釈は私が死んでからに願います」と釘をさした怖い親父だったらしいが。

市川右近は、白塗りの殿様役には似合わない、どちらかというと奴(やっこ)顔なのだが、時代物や荒事では映える。自ら島に残ることを選択しながら、「思い切っても凡夫心」の義太夫に合わせて、ただ沖に小さくなる船に声も枯れんばかりに呼びかける俊寛は実に印象的。海女千鳥を演ずる笑也と赤っ面瀬尾太郎の猿弥もよかった。この演目は歌舞伎の海外公演でも人気なのだそうだが、やはり長く残ってるだけに、普遍的に人の心を打つ名作。

次の演目が、市川猿之助奮闘の、「金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)」。そして幕間を挟んで「大喜利所作事 双面道成寺」。鶴屋南北の作だが長く上演が途絶えており、先代猿之助が復活させてから、基本的に猿之助一座でしか上演されていない演目。

平将門の妹の七綾姫と、許婚の僧安珍(実は文珠丸頼光)のカップルを巡る恋の愛憎。頼光を恋慕する清姫は七綾姫への嫉妬に狂い、七綾姫に執着する藤原忠文もまた怨念に取り憑かれ、やがて二人は双面の鬼となってゆく。

「市川猿之助宙乗り相勤め申し候」と題名にあるが、猿之助を観たのも宙乗り観たのも初めて。金銀の紙吹雪が舞う中、なかなか壮大。他にも火が出たり、看板が燃えたり、あちこちにケレン味あり。

最後の所作事では、猿之助が面を次々に早変わりで変えて踊るのが面白い。鬼と化した扮装も迫力あり。中村米吉は、ポワンとした雰囲気ながら、恋人のために色仕掛けで別の男をたぶらかす、一種魔性の女を演じる大役。腰元桜木を演じる春猿は、大衆演劇のスターか宝塚の男役を思わせる、一種独特の雰囲気あり。

最後の双面の所作事は、公演のポスターにあるように、本当に半分ずつ顔を作ってるのかと思ったら、そうではなかった(笑)

花形歌舞伎なので、勿論若手中心なのだが、澤瀉屋一門というのは歌舞伎界ではやはり若干独立系で傍流なんだなあと感じさせる座組ではある。先代猿之助、現猿翁の「私の履歴書」は日経連載時に面白く読んだが、後ろ盾の父親を若くして亡くして、自ら異端である事、傍流である事を選びとった感がある。それが独特の「猿之助歌舞伎」を生み出した原動力であり、あらゆる時事風俗や芸能から、使えるものはなんでも貪欲に吸収してきた歌舞伎という芸能の精神を引き継ぐものだったとは思うのだが。

先代から甥の当代に代替わりして、猿之助という名籍がこれから更に大きくなるのかどうか。なかなか興味深い。ただ劇場は、澤瀉屋一門の奮闘に比べれば大向うの声も少なく、なんだかちょっと寂しい感があったなあ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック