97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「天麩羅 なかがわ」訪問
先週金曜日は会社の飲み会で結構飲み過ぎたが、土曜に朝寝してなんとか回復。夜は久々に築地の「天麩羅 なかがわ」に。

開店と同時の5時に扉を開けたつもりだったが、既にカウンタには先客2組。テーブルにも食器がセットしてあり、なかなか盛況だ。

喉が渇いてたのでまずビールを。その後で冷酒。お通しは三つ葉のおひたし。

いつも通りおまかせのコースが始まる。

海老はいつもの通り芯の甘みを感じる軽い揚げ。海老頭は旨味が凝縮するように深目に揚がっている。

次のキスは繊細な身が口中でホロホロと崩れる。いつもよりほんの少し揚げが軽いかと思ったが、続くはぜが更に水分を飛ばした深い揚げになっている。揚げ方に若干変化をつけてるあるのだ。

スミイカはもう実に肉厚で中心部はまだ生の甘みが残る。メゴチは水分を飛ばして香ばしい旨味が凝縮した味。自由自在に揚げをコントロールする火の魔術を見るかのよう。、

白子はスダチを絞って塩で。串に刺した銀杏もホロ苦い秋の名残の味。伏見唐辛子、小玉ねぎ。ここの野菜はいつ何を食しても大地の旨味を感じる優れたもの。

アナゴは実に立派な物。しっかり揚げて熱が籠り、鉄箸でバスっと切ると水蒸気が上がる。
茄子、さつま芋、肉厚のしいたけ、アスパラと野菜で〆。

最後の小柱のかき揚げは小天丼で。一度天茶にしたいのだが、実は天茶なるものは一度も食したことなく、どうしても慣れた天丼になってしまうな。

ここの松茸の天ぷらは実に立派で、松茸の季節に訪問せねばと思っていたが、結局間が空いて既にシーズンは終了。御主人に聞くと、「今年は早く終わっちゃったのですよねえ」と。残念だったなあ。ご主人は寡黙な職人だが聞けば嫌がらずに何でも答えてくれる。奥さんの気配りもよい。嫌な思いなど一度もしたことない居心地のよい店。値段も種と技術に比べれば実にリーズナブル。また訪問しなくては。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック