97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八 分店」訪問。
金曜夜はラーメンでも食して帰ろうかと思ったのだが、そういえば「新橋鶴八 分店」に水曜に電話した時、金曜は空いてますと言ってた事を思い出した。電話してみると大丈夫だというので早速入店。

ただ、席は空いているものの、そろそろ終盤のお客さんが二組おり、注文が一時的に立て込んでいる。お酒は加賀鳶の冷酒。塩辛貰ってしばしのんびりと。しばらくすると隣に「新橋鶴八」大常連のO氏が。ポツポツと雑談しながら。

まずつまみを切ってもらう。最初はヒラメ。本店は大型の個体を好んで使うが、この店が使うのは若干小ぶり。食感が若干違うかな。塩蒸しは小型なるも本店同様香りよく旨し。

何やら切ってると思ったらサワラを切ってきた。サゴシと称する大きさだとか。脂が乗って旨味は十分なのだが、全体に身肉がダランとしている。そもそもだから焼いて食するのだろうが、つまみにするなら、皮目をもっと焼き霜にするなり、塩でもっと水分抜いたりしたほうがよいのかも。最近、つまみ類は研究中であるとの事。大常連O氏は「俺には、こんなの出さなくていいよ」と愛ある厳しい指導(笑)

サバもつまみで。これは〆具合よし。もう冬だなあ。この後、何かつまみで貰った気もするのだが、あれこれ雑談してたのでちょっと記憶が曖昧だ。

O氏が親方に、独立して店は儲かってるのかと訊ねるに、「マグロが高くて。特にうちの鉄火巻はマグロたくさん使うので大変なんです」と率直な返事。しかし、ちょうどタイミング悪く隣の老夫婦にその鉄火巻を出す所だったので、カウンタで聞いてた全員苦笑。ダメだよ、客に寿司種の原価の泣き言聞かせては(笑)そういえばまあ「すきやばし次郎本」にも「人の気も知らないでトロばかり食いやがって」と小野二郎がボヤくところがあったけども。

O氏によると、トロ、中トロ、赤身を混ぜて太巻きにする鉄火巻は、神保町の頃からある「鶴八系」の名物なのだが、最近「新橋鶴八」でも新しいお客はその存在を知らず、頼まない客も多いのだとか。そういえば「しみづ」でも昔は頼む客をよく見かけたものだが、最近見ないな。

握りのほうは、中トロを2。コハダを1、アナゴを1。最後にカンピョウ巻を貰った。酢飯の具合は本店同様ふっくら炊き上がり、米のほのかな甘味を旨い具合に引き出している。

ホロ酔い機嫌で帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック