97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
チケット大相撲で一月初場所の席を予約
大相撲一月初場所の入場券、チケット大相撲でのネット発売は昨日、土曜日の朝10時から。

二階の椅子席なら、発売日だいぶ後でも、後ろのほうなら空きあるのは知ってるのだが、たまにはもっとよい席取るかと、電波時計見て時間きっかりにアクセス。しかし最初のクリックは大混雑で「後でアクセスしてください」と弾かれる。オオ!なんと! しかし諦める訳にはゆかない(笑) 二度目のトライで、なんとかアクセスでき、先に進む事ができた。

溜まり席は既に空きなし。実際のところネット販売に回ってる席はまず無いのでは。一人用マス席にトライ。既にかなり売れているが、二日目祝日に若干の空きあり。

マス席のB席、C席だと一階でもかなり後ろなので二階席と変わらない。A席を選択して購入手続きに。既にサイトでのメンバー登録はしてあるのだが、IDの再入力が必要だとは思わず、パスワードの入力もあって結構手間取る。最初のチケットの購入手続きに時間かかり、ようやく一枚目の購入が完了して、他に買うかとチケット選択画面に戻ってみると、一人用、二人用マスA席の土日分は完売。ちょっと準備が足りなかった。ま、次回の教訓としないと(笑)

マス席でも、B席、C席はある程度空きがあるが、これはかなり後ろなので二階椅子席と変わらない。ということで、今度は二階の椅子A席の空きを探す。7日目と千秋楽に空きがあったので早速購入。

これで一月初場所は都合3日間観戦に出かけることになる。まあ席確保できてよかった、と思ったら、一月の歌舞伎座、壽初春大歌舞伎のチケット販売が来週からだった事を思い出す。既に土日に大相撲で3日消費してしまうと、歌舞伎に行く余裕あるだろうか。

大相撲本場所は朝8時から開場しているので、前相撲から観て一日楽しめる観光。しかし本格的に客が入り出すのは、やはり横綱土俵入りが始まる午後3時半辺りから。幕内上位の相撲だけ観戦するのなら5時頃に入ってもよい。まあそう考えると、歌舞伎座、昼の部を見てから国技館に移動するのもアリなのだが。歌舞伎日程のほうは、チケットの空きを見てから、もう少し考えよう(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大相撲観戦
私は、大鵬が32回目の優勝を飾った時の千秋楽を観戦したきりで、かれこれ40年以上、ナマで観たことがありません。もっとも、ナマですと、ビデオ再生もないし、解説もないので、アッケない気もします。
あと、桟敷の前の席のほうで観戦していると、地デジやBSでバッチリ顔が写ってしまいますね。ま、悪いことをしていないから構いませんが。
2014/12/08(月) 18:00:42 | URL | はせぴぃ #TQOaV1vw[ 編集]
おお! はせぴぃ先生、ご無沙汰です。12月ですから走っておられますかw 

国技館で相撲を観ると、確かに雰囲気はあるのですが、スローモーションの再生がありませんねえ。

ただ、国技館内ではNHKのラジオがFMで流れてますし、館内だけの「どすこいラジオ」でしたっけね、生で現役親方が解説している放送もFMで流れてますから、解説はiPod持ってると聞くことができますね。

桟敷の向正面はTVに映りますが、あれは写りたい人が高い金出して席を確保してるんではないですかねw
2014/12/08(月) 20:58:22 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック