97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
土曜の夜は「新ばし しみづ」。当日朝電話すると「ちょうど一席だけ空いております」とのことでラッキーだった。

しかし、急に寒くなったからか、咳が出て体調は悪し。予約時間通りに入店して、まずお酒を常温で。お通しはなめこおろし。横の一席空いてるなと思ったら、清水親方が「ミスター・エブリディの席です」と笑う。確かに程なく最多来店記録F氏登場。さすがに最近は毎日とは行かないようだが。

F氏と雑談しながら、いつも通りにつまみから始めてもらう。お弟子さんが、独立する際は鎌倉に店を出したいと言ってるらしいので、F氏と場所を検討。やはり長谷駅の海側がよいんじゃないかとか、江ノ電山側に海を見下ろすカフェなんかもあるらしいから、その一角でカウンタ借りてはどうかとか、観光地だから蕎麦と天麩羅も出さなければとか、好き勝手なアドバイスなど(笑) 「笹田」の話もしてたら、清水親方も今度行く由。

ヒラメは食感もよく上品な旨味あり。良い寿司屋に慣れて困るところは、会社の飲み会で居酒屋に行った際に出る、刺身が不味くて食えなくなる事なんだよなあ。

タコは身肉がしっかりとして香りと旨味がある。小豆入れたり、お茶で煮たりする店もあるようだが清水親方に言わせると、気分の問題で何の差も無いとの事。

スミイカはネットリ。牡蠣の塩辛も酒に実によく合う。サヨリは細切りにして生姜醤油で和えて。サバはネットリした旨味が乗る。白子ポン酢も上質な白子で美味い。赤貝をつまみで、最後はブリの炙り、辛子添え。冬場はブリもよいなあ。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。まず赤身。そして中トロ。冬場のマグロは脂の肌理も細かく旨味十分。熟成してシットリとしたここの強めの酢飯に溶ける。

コハダは一匹丸づけがまず一貫。そして肉厚の片身づけが一貫、清水親方の「これは美味いですよ」との言葉と共に供される。肉厚のは佐賀産だとか。ここのコハダは酢飯に合わせて強く締めるので、脂が乗っていないとカスカスになってしまう。しかし肉厚で脂が乗ったものは実に美味い。

ハマグリはツメをつけて一貫。アナゴは一貫を半分に割って、塩とツメで。最後はカンピョウ巻で〆。どれも結構。体調のせいか急に酔いが回ったので「P.M.9」には寄らずにタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/12/14(日) 22:18:09 | | #[ 編集]
Re: ★★゛ふたご座流星群♪。.:*・゜
ふたご座流星群は、すっかり失念しており、チェックできませんでした。はは。

ルミナリエは、昔、一度観たことがありますが、懐かしいですねえ。チャンスがあればまた観たいものです。

2014/12/17(水) 22:03:46 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック