97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」お弟子さんが握る特別営業の夜。
火曜日の夜は、「新ばし しみづ」。親方は留守で、一番弟子の「まちゅ」君が握る特別営業の日。だいぶ前にどうですかと誘ってもらってたので会社帰りに入店。

暖簾は下げてあり、お客は、事前に声かけたか、予約時に了解もらった常連のお客さんだけ。もう既に先客数名あり。スタート早いなあ。お弟子さん二人で営業してると、なんだか別の店のようだ。

この形態でやるのはもう三回目。やはりまだ緊張するとのこと。しかし、本当にうるさそうな怖い客には声かけてないのじゃないかなあ(笑)

お酒は常温で。お通りはなめこおろし。神妙な顔で、「お召し上がりはいかがいたしましょうか」と問うので、「まずつまみから。まかせるので、思う通りやってください」と注文。

ゆるゆると飲んでると、ほどなく最多来店記録F氏が隣に到着。忙しいからと一旦断ったが親方から「何言ってんですか、来ないとダメでしょう」と無理やり誘われた由。今日は種札が少ない気がするが、握りづらいものを外したんじゃないかなど冗談を飛ばしながら。平貝はまだ置いてないし、アワビ、アジ、トリ貝、カスゴ等も無いから、冬場は意外に種札少なくなるかもしれない。

だんだん慣れてきたとはいえ、普段の自分の持ち場と親方の持ち場と兼任でやらねばならず、自分の持ち場でワサビを摺って、中心に戻って寿司を握るなど、結構忙しないな(笑)。

ヒラメは上品な旨味あり。タコ、牡蠣の塩辛、サヨリ、サバ。寿司種の仕入れや仕込みは昼まで清水親方がやってたのでまったく差は感じない。シャコは卵無しを所望。ブリは炙って辛子添えで。

他のお客さんに握る所など、大丈夫かと興味津津に見ていたので、逆に自分に出されたものの記憶が薄いなあ(笑) F氏とあれこれしゃべりながら、時間かけてゆるりと飲みつつ。隣のお客さんとも結構話が弾んだ。

適当なところで握りに。赤身と中トロ、コハダ、前回課題に上がったハマグリは綺麗に握られている。握りは親方の形とよく似ている。手数少なく柔らかく握ろうという意識が感じられるもの。ワサビはこまめにすってすぐに使うからか、普段よりも随分と効いた気がした。

隣のお客さんが鉄火巻を注文。鶴八流鉄火は赤身、中トロ、大トロと混ぜて太巻きにする名物。まちゅ君は、「実はやったことないんで、マグロの量がちょっと不安ですねえ」と考え考え作成。ニュー新橋ビルではもっと豪快に入れてた気がするが、割と上品に仕上がった。そういえば「しみづ」でも昔から来てる人以外はあまり知らないからか、この鉄火巻き頼む人が少なくなった気もしないでもない。

アナゴの後で、最後はカンピョウ巻をもらって〆。なかなか堂々たるものだった。「P.M.9」で飲んでると後からF氏が到着し、先ほどの感想など。握りもしっかりできており、良かったのではないかということで合意(笑)あとは場数踏んで慣れる事だ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック