97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
木曜の夜は「新橋鶴八」。

のれんをくぐるとカウンタは結構にぎわっている。予約したが席は空いてるのかなと思ったが、奥から三番目に空きあり。女将さんにコートを預けて着席。

ひとつ置いた一番奥にはここの大常連で、先日分店でもお会いしたO氏がおり、女性のバイトに冗談言って和やかに歓談中。全体にここの学生バイトはなぜかギャル系の美人が多いな(笑)

店が空いてる時に石丸親方と雑談しながらのんびりするのもよいが、盛況の時に親方が仕事してるのを見ながら飲むのも面白いものだ。忙しくても、次の注文したいなという時には親方と眼が合い、注文を聞いてくれる。

まず冷酒を。お通しはコハダと大葉を細かく刻んでゴマを振ったもの。これが実に旨い。

最初はつまみを注文。自分で注文する方式のよい所は、全部覚えていられるところ。ヒラメはいつもながら大ぶりで肉厚な身。上品な脂が乗り、まさに寒平目そのものの旨さ。次は塩蒸しを。これまた香りよし。

隣のお客さんが帰ったので、O氏とあれこれ雑談。「分店」は今日は貸し切り、明日も満席だと教えてくれる。石丸親方に言わせると、貸し切りは常連のお客を断らなければならず、反面、来る客は貸し切った客に連れて来られただけで店につく保証はない。将来の為にならないから「新橋鶴八」では昔からやらないようにしているんですよとのこと。まあ店やって最初のうちは何でもトライすればよいのだが、どちらが将来によいか考えることはあれこれ多そうだ。

O氏に「分店」の感想を聞かれたので、コハダ、サバ、ハマグリ、アナゴなど「新橋鶴八」伝来のしっかりした仕事だし、酢飯も本店同様米の旨味を感じてよいのではと回答。石丸親方も「分店なんだから、そこはきっちり同じにやってもらわないとねえ」と笑うのだった。

ブリは真っ白になるほど脂の乗った腹の身。私に出した後、追加の注文があったら時点で札止め。余らないように毎日河岸で仕入れ、良いものから使って行き、無くなったら種札を返して本日は売り切れ。鶴八伝来の無骨だが真っ当な商売だ。

漬け込みのシャコもつまみで。昔からの仕事だが、今でも変わらず旨い。この日は座敷にもお客さんが入り、だんだんと立て込んできた。適当なタイミングでお茶をもらい握りに。

まず中トロ2。米の旨み感じる酢飯も良い。

この日は年配のお客さんが多かったせいか、鶴八伝来鉄火巻きの注文がどんどん入り、大忙し。見ていると赤身、中トロ、大トロと、マグロの切り身をこれでもかと盛り上げてから手で巻く。このボリュームは凄い。

コハダ2。これも肉厚の身をネットリと〆た素晴らしい仕事。アナゴも2。トロトロの身に濃厚なツメをつけて。最後はカンピョウ巻。

つまみに関しては切って出す量が多いということもあるのだけど、この店で食した時のずっしりした満足感は他に比類がない。

勘定済ませて、念の為最後に「良いお年を」と挨拶したら、「ウチは30 日までやるからまだ大丈夫ですよ」と石丸親方。まあ、それはそうなんですが、来れるかなあ(笑)

タクシー帰宅。本棚から、「鮨12ヶ月 (とんぼの本)」を引っ張り出して眺める。握りの写真が実によい。「新橋鶴八」の魅力が写真一杯に詰まっているのだった。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック