97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 久」訪問。
先週土曜日は「新ばし 久」。

5時半に予約したが新橋に着くと冷たい雨。烏森神社の参道入り口付近は、前にあった古い店でボヤ騒ぎがあり、だいぶ取り壊されてしまった。

「しみづ」の前を通るとまだ暖簾が揚がっている。アレっと思ったが、まだ営業時間短縮でやっているのかな。店の入り口で外から戻ってきたご主人の久史氏とばったり。入店するとまだカウンタにはお客無し。しかし後で満席になるとか。

まず醸し人九平次治吟醸を貰い、おきまりをご飯無しでオーダーしてスタート。この九平次は色が濃く重たい飲み口。

お通しは白子茶碗蒸し。濃厚な出汁に身体が温まる。

お造りは、ブリの漬け、平目、トコブシ塩蒸し、赤貝と満艦飾。平目には上品な旨味あり。ブリは「しみづ」の仕込みと同じだ。お酒は黒龍大吟醸に切り替え。

お椀は白魚。焼き椎茸を添えて。出汁についてはしっかりと旨味も香りもあって不満はないけれども、「笹田」の透明感には若干及ばないか。しかし料理の値段が倍近く違うし、ここは気楽に寄れるハイブリッド居酒屋というコンセプトであるから、これで必要にして十分以上なのだ。

香箱蟹は綺麗に身をほぐして、蟹酢ゼリーをかけて供される。年が明けて本当に禁漁だとしたら、今年はこれが最後ということになるのだが名残惜しい。内子と味噌の濃厚な旨味。

じっくりと遠火で焼いた太刀魚の塩焼きは、あっさりした身肉の旨味がまさに凝縮している。酒に合うなあ(笑)

ここでおきまり終了。アラカルトでここの得意料理であるフライ物を追加。自家製のタルタルソースと付け合わせのキャベツ酢漬けがまた旨い。車海老は鬼殻取った頭も供される。墨烏賊も肉厚で旨い。

最後にお茶が出され甘味として自家製の小さなプリンが供されて〆。和と洋のハイブリッドを堪能した。「久」は年内30日まで営業。正月はいつも通り2日から営業するとのこと。久史によると、「鮨竹」は年末年始も休みなく、開業一年間は無休との志を守るのだとか。しかし銀座で大晦日元旦営業はある意味凄いな。

勘定してもらっていると、手が空いたか「しみづ」の親方が顔を見せ、「この前はご迷惑かけませんでしたか」と笑う。お弟子さんの特別営業の件だが、無難にやってましたよとご挨拶。年末にまた訪問予定が入っているのだった。新橋駅前SLはイルミネーションが綺麗だ。タクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック