97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問。
先週日曜は、西大島「與兵衛」。平日は仕事での会食もあり、土曜も日曜も外食というのはちょっと厳しいが、このところご無沙汰。年末までに顔出しておかなくてはならない店の訪問予定が最後にきて立て込んできた。

予約した定刻に入店。本日は割と空いている由。お酒は本日の大吟醸。「新政六号」というのだそうで。酵母の名前だとか。癖のないスッキリした味だ。

まず牡蠣スープ。実に複雑玄妙なる旨味あり。牡蠣も肉厚。この店の冬場の定番だが素晴らしい。

清水君のところの女性が出した店行きましたか?と親方が「鮨竹」の事を聞く。どこでも話題になるなあ。雑誌にもずいぶん登場しているようで大活躍というところか。正月も営業するらしいと告げると、産直でも本当に魚が揃うのかなあと。まあ、確かに漁師が大晦日や元旦に海に出るとも思えないから、浜留めしたのを送ってくるのだろうか。

まずはお通しの一皿。海老頭、ホタテ、シャコ、赤身漬け、酢にくぐらせた貝の紐は何か聞き忘れたが、種札の状況からすると北寄貝かな。白子も旨味あり。

この日は割とカウンタは静か。隣の二人客は初訪問だが、特に紹介ではなく自分で店調べて来たとか。最近、この店もメディアには出ないから珍しい気もする。「寿司に慣れた人なら必ずここの良さは分かるはずなんだけど、親方のダジャレが合わない人にはダメなんだよ」、と頼まれもしないのに余計な解説したら、また親方が冗談でまぜっかえすので、なかなか面白かったな。

お酒はその後、十四代、九平次とお代わり。お酒で儲けようという気のない実にリーズナブルな値段。

適当なところでお茶を貰って握りに。

まず赤身のヅケ。硬めに炊かれたここの酢飯に実によく合う。平目は、甘酢と胡麻醤油と二種類のヅケに。イカにも軽く味がついている。ここのスペシャル、シマアジはヅケにしてから皮目を香ばしく焼き霜にし、薄く切りつけた身を3枚重ねて握る。甘酢に潜らせた細巻海老も昔風の仕事。

ここから光り物が脂の具合と〆具合を変えて連発で。サヨリは宮城石巻から。脂がよく乗って身は真っ白。コハダもだんだんと旨味が増してきた。イワシも脂がよく乗って〆具合よく旨味が酢飯に溶け崩れる。サバもネットリした旨味十分。どれも素晴らしい。

最後は煮物。ハマグリは風味ある濃厚なツメをつけて。爽煮風に白く、しかしふっくらと煮上がったアナゴは、これまたこの店の名物。ネットリした旨味が酢飯と渾然一体となって口中にただ広がる。最後は玉子をもらって〆。他のどの店にもないオンリーワンの仕事に満ちた寿司。満ち足りた気分で帰路についた。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック