97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八 分店」 訪問
木曜の夜は「新橋鶴八 分店」で一杯。

事前に電話予約した時はガラガラですとのことだったが、カウンタ奥には大常連O氏が。そして直前に二人組入店。聞いてみるとほどなく満席になるとか。大繁盛ですな。

まず冷酒を。銘柄は加賀鳶。これもよいお酒。バイトは7時に来るとのことで、親方一人ですべて仕切るのは忙しそうだ。お通しはイカの漬け。しばらくのんびりやっててください、とまずヒラメが切られてきた。大ぶりの身、新橋鶴八本店と遜色ない上品な旨味のある白身。

大常連O氏の隣だったので、中の手が空くまで飲みながら、あれこれ寿司談義など。この人は毎日のように「新橋鶴八」や「分店」に顔を出している。「しみづ」や「久」でも勿論顔だし、鶴八系以外にも麻布の「鮨 真」やら「都寿司」でも常連とのこと。「しみづ」の最多来店記録F氏同様、世の中には凄い人がいるもんですなあ。こんな人と話をすると、自分がどこかの店の常連だなどとは恥ずかしくて金輪際言えないなという気がする(笑)

立て込んではいるのだが、親方は「新橋鶴八」流の目配りで、ちょっと手が空くと、「飲み物ありますか」「何か切りますか」とちゃんと聞いてくれるのでストレス無し。「ブログで良く書いてください(笑)」と頼まれたが、大常連O氏は、「褒める必要ないよ」と愛ある厳しい指導(笑)

塩蒸しも鶴八流の仕事。ブリは腹身。びっしりと肌理の細かい脂が乗るが、天然独特の噛みごたえとサラリとした癖の無さ。

シャコは漬け込みのしっかりした仕事。ハマグリも旨い。この日は、どのつまみも本店と同じくらいのボリュームで出てきた気がする。まあ、店のやり方もあれこれ試行錯誤が続いてるのだろう。

握りでは、一貫ずつ頼んで、赤身、中トロ、小柱、サバ、コハダ、アナゴ、カンピョウ巻と貰った。どれも新橋鶴八伝来の楷書の如き仕事。酢飯の具合もよい。特にコハダは肉厚でネットリと〆るまさに鶴八流。

のんびりとしゃべりながらカウンタに座っていたら、どんでもなく長逗留してしまった。寿司屋滞在の最長記録更新じゃないかな。ともあれ「よいお年を」と挨拶して店を出た。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック