97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
フグを食する夜
26日で仕事納め。9連休になるのだが、喉と鼻の調子が悪く風邪気味。しかし土曜は前から予約してあったフグ屋に。寿司のような日常食と違って、フグは年一回、良い店で良いものを食べるくらいでよいなあ。もちろん良いフグは高いから、そんなに何度も来れないというのが本音だが(笑)

安いほうのコースと、白子焼きを。白子は「時価」と書いてあるのが怖いが、中位の大きさのを。

B529brhCUAAwkHz.jpg

まずヒレ酒を所望。高温につけた燗酒に、給仕の女性がマッチの火を近づけるとポッと炎が。アルコールがちょっと飛ぶからか、悪酔いせず、お酒がドンドン進むなあ(笑)

B52_gUaCMAAwW8s.jpg

フグ刺しには、他のどの白身魚にはない歯応えと、身肉の奥に潜む玄妙な滋味あり。この店は秋に橙を絞って一年分のポン酢を店で制作するそうだが、このポン酢が口当たりよくサッパリして実に素晴らしい。去年のフグ刺しよりも、何故か今年のほうがずっと旨味が濃い気がするなあ。

白子焼きも雑味なく、皮目が香ばしく、中はトロリと濃厚な旨味だけがとろける。

ちり鍋は店の人が世話してとりわけでくれるのだが、食べるのに忙しくて写真取る暇無し(笑)。最後の〆の雑炊も、フグにしかない上品な滋味に満ちている。透明感があって、よせ鍋の後の雑炊とはまた違うんだなあ。

フグは冬の夜の至福。この店は、「東京いい店 うまい店 2015-2016」でも、フグならこの店はやはり外す訳には行かないと称賛されていたが、確かにその通り。安い店で養殖のフグを何回か食べるよりは、その分の金をためて一度ここに来るほうが絶対によい。高い値段だがその価値は十分にあると感じる事ができるのだった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック