97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八 分店」訪問。
木曜の夜は予定が空いたので、「新橋鶴八 分店」に電話。「ずいぶん空いております」というので「今日は貸切入ってないの」と冗談言うと、「いや、あれは誤解なんですよ。店で説明しますよ」と言う。なんだかよく分からんがとりあえず入店(笑)。今年初訪問だ。

今年になって「新橋鶴八」本店に行った際、大親方は「この前、分店覗いたら、お客が二人しかいないのに鍵閉めて「貸切り営業」していた。あれは良くない」と言ってたよと伝えると、「それは誤解なんですよ」と。

なんでも6日の火曜日が新年最初の営業だったのだが、朝から一人でやってた仕込みが終わらず、昼の営業は暖簾を揚げずに止めようとしていたら、馴染み客が予約無しに「あるものだけでいいから食わせろ」と入ってきたのだという。

コハダやハマグリは前日に仕込んであるし酢飯も一応炊いてある。次々に他のお客が入ってきても対応できないので、しかたなしに二人だけ入れて、仕込みしながら営業してた由。昨夜来た大常連O氏にもその旨を伝えて石丸親方に説明しておいてくださいと話たとのことなのだが(笑)。

まあ、しかし、暖簾出してない店に入ってきて食わせろというのも我儘な客。連れにいい格好したかったんだろうね。「新橋鶴八」の石丸親方に同じ事は言わないだろうが、新しい店だと、好き放題言う客がいるのだなあ。

お酒は加賀鳶を冷酒で。もう一種類くらい日本酒の銘柄を選択できるようにするか考慮中とのこと。何種類置いたとてやかましい奴は、あれが無い、これを置けと勝手言うのだし、寿司屋は地酒屋ではないのだから、あまり数置く必要はない。飲みたい酒があれば持ち込んで貰ったらよいだけのことなんだが。

つまみはまずヒラメ。なかなか立派な身で旨味あり。塩蒸しも鶴八流。若干薄味な気もしたが季節柄か。ブリはびっしり脂の乗った腹の身。もう能登のほうは季節が終わり。雑味のないスッキリした脂の旨味。漬け込みのハマグリもつまみで。これも鶴八伝来の技。

この辺りで握りに。赤身と中トロを一貫ずつ。ふっくらした米の旨味を感じる酢飯が結構。コハダも肉厚のものを鶴八伝来の技で〆る。もう一品光り物で、アジかサバでも貰うかと尋ねると、どちらも今日はちょっと脂が薄いですよとのこと。漬け込みのシャコを握りで一貫。アナゴもツメで一貫。最後はカンピョウ巻。どれも鶴八伝来のしっかりした仕事。

のんびりと雑談しながらカウンタに座ってたので終了まで1時間半。この店に来ると普段より長居してしまうなというと、五十嵐親方は「店の居心地がよいんですよ」と笑う。本人のどこか呑気な雰囲気が一種独特な店のカラーになってるのかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック