97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問。
先週木曜は、会社帰りに西大島「與兵衛」訪問。いつもは週末に訪問するのだが、その前の週末は予約が取れず、平日で空いているところということで木曜を選択。平日に訪問するのは実に久しぶり。

20150201193635e82.jpg

人形が店先にある角を曲がって大島銀座に。7時に入店。カウンタはまだ誰もいない。今日は割と空いているようだ。年末年始の事など親方と雑談しながら。何時もの十四代の札が裏返っている。なんでも流通在庫が切れる時期で、はせがわ酒店にも在庫が無いのだとか。もっとも後で最後の一杯だけ貰ったが。

九平次を飲みながら始めてもらう。大島銀座に入った左が結構大きな更地になっていたのだが、奥さんに聞くと古くからあれこれ商売やっていた大店なのだが先代が引退した後ボヤが出て家屋が取り壊されたのだとか。街角もどんどん変わって行く。

親方は何故か「鮨竹」の事が気になるらしく、しみづの弟子だった女性は頑張ってやってますかと訊ねる。市場でも時折顔合わせる由。そういえば最近顔出してないが、様々な雑誌にも取り上げられ、もう商売は順調に巡航速度に達しているだろう。

まず最初は牡蠣のスープ。実に奥深い滋味あり。そして何時ものお通しの一皿。赤身ヅケ、白子、イカゲソ、海老頭、ホタテ煮浸し、シャコ。どれも巧い。酒が進む。

適当な所で握りに。まずマグロヅケ。硬めに炊きあがった酢飯と種のマッチングが実によい。それぞれの種の旨味が噛むたびに酢飯に混然一体と溶け崩れてゆく。

ヒラメは甘酢ヅケと胡麻醤油ヅケと二種。どちらも旨味にあふれる。スミイカイカヅケ、ここのスペシャル、シマアジはヅケにして皮目を香ばしく焼霜に。これも薄く3枚に切って重ねる技が香ばしさを増すのに効いている。甘酢にくぐらせた海老はオボロを噛ませる。北寄貝もこの店独特のふっくら甘味を持った味に仕上げる仕事。

光り物は本日も4種。まず脂がビッシリと白く乗ったサヨリ。この店のサヨリも仲卸が厳選する独特のものだが季節はそろそろ終わりとのこと。コハダはふっくらと柔らかい〆。イワシは実によく脂の乗ったものをきっちりと〆る。これまたこの店独特。サバの脂は実に甘く舌に溶ける。

ハマグリ、白くふっくらと煮上がった穴子と、独特のコクのあるツメがまた旨い。最後に玉子一切れ貰って終了。今年も去年と同じように、間然とするところなく旨い(笑)

20150201193654898.jpg

お年賀の手ぬぐいを貰って、満ち足りた気分でタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック