97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
木曜日は午後から雪の予報だったが、冷たい雨のままで雪に変わる風はない。こんな日は空いてるのではと会社出てから「新ばし しみづ」に電話。大丈夫だというので早速入店。

一月はあっという間に過ぎてしまい、結局「しみづ」にも一度しか来れなかった。いつも行ってる店はだいだい一巡したが、まだ「久」さんには伺ってないなと雑談していると、清水親方が「噂の人がやって来ましたよ」と笑う。「久」の久志氏がちょうど店に入ってきたのだった(笑)なにやら奥で相談している。器の金接ぎの材料についてだとか。最近、そんな陶芸材料もAmazonで手に入るらしい。

お酒は常温で、いつも通りにつまみから始めてもらう。日本酒を口にすると結構酔いが回って最近疲れているのが自覚できるなあ。入り口寄りに座ったので、一番弟子の摩宙君とポツポツ雑談しながらゆるゆると飲む。

お通しは菜の花辛子和え。本日の白身はタイ。上品な脂と甘味あり。タコは身肉に旨味あり、甲殻類の香りが立つ。牡蠣塩辛も乙な味。子持ちヤリイカ煮付けは春を感じさせる。白子ポン酢。サヨリ細造り。サバは甘味十分。香りよく肉厚の赤貝。漬け込みのハマグリ、ミル貝、小柱と貰ってお酒終了。

お茶に切り替えて握りに。まずキス。独特の〆で滋味が凝縮。相変わらずここの強い酢飯によく合う。マグロは稠密に脂が乗った部分を2貫。身がシットリ柔らかくマグロの旨味に満ちている。コハダは肉厚の立派なもの。重厚な〆がまた酢飯と合わさって実に旨い。アナゴは、塩とツメと1貫ずつ。これまた鶴八流のトロトロに上がっている。最後はカンピョウ巻を半分。どれも旨かった。

勘定すませて店を出ると冷たい雨。「P.M.9」には寄らずにタクシー帰宅。

20150207115904a09.jpg

JR新橋駅前、SL広場のSL辺りは最近工事中。SL無くなるとSL広場ではなくなってしまうのだが。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック