97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「ベイマックス」は「カラスヤサトシ」だ。
先週末に、「ベイマックス」を観た。



日本ではあまり有名でない「Big Hero 6」というマーベル・コミックスのアメコミが原作なんだそうだが、さすがにディズニーだけあって、万人受けする手堅いアニメーションに仕上がっている。

アメリカの作品で日系少年が主人公というのは珍しいが、舞台となるのも「サンフランソーキョー」という、San Franciscoと東京を巧みにモンタージュした架空都市。山手線界隈のようなシーンや東京タワーの如きオブジェ。トランスアメリカビルディングやベイブリッジ、ゴールデンゲイトブリッジなども進化した形で映りこんでいる。

主人公の兄、タダシの顔は、なんだか中村勘九郎に似ている。顎の部分ねw 

ベイマックスの動きはペンギンを模してあるそうなのだが、なかなかユーモラスであり、中盤からは付属装備を付けてパワーアップして大活躍。最後のホロリとするラストまで、物語をしっかりと引っ張る力持って成立していた。

このベイマックスの姿形は、何かに似ていると思っていたが、最後のほうで思い出した、カラスヤサトシだ(笑)





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック