97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 久」訪問
「新ばし 久」には、今年になってまだ未訪問だったので、先週金曜の夕方、入れるかどうか電話をかけてみた。

電話に出たお弟子さんは「少々お待ちください」と御主人と相談している気配。お用意できますというので入店したが、カウンタには既に2組4名。ほどなく他のお客さんもどんどん入ってきてカウンタは全て満席に。なんだかそんな雰囲気だったものなあ。

角席も入れて全部で11名。補助席を入れているのか、席間が普段より狭い気もした。客としては大混雑の時に無理やり行きたいとはあまり思わないが、店としては入る時にたくさん入れたいだろうし。まあ仕方ない。

お酒は「黒龍」の「龍」を。すっきりした口当たりながら旨味もあるよいお酒。

先付けは自家製のミニおでん。すじ肉、うずら卵、大根、菜の花などあっさりした出汁で。皮を剥いたミニトマトが入っているのだが、鮮烈な酸味と甘みに感心した。大根はもう少し炊くか、この硬さで供するのなら包丁入れたほうがよかったかな。

若干のずれはあるものの、カウンタが満席になり厨房はだいぶ立て込んでいる。寿司屋の場合だと出すものが限られているから満席でもあまりストレスないが、ここはいわゆるハイブリッド居酒屋であって、焼いたり煮たり揚げたりと調理も大変だし、飲み物もあれこれあるからなあ。

先行している隣のカップルはもう後は食事のご用意というところまで来ているのだが、まだまだと燗酒を際限なく飲むのでビックリ。最後はご飯に酒かけて酒茶漬けにしたらよいんじゃないか(笑)

お造りは、金目鯛、ヒラメ、子持ちヤリイカ。魚はいつもよい物を入れている。お椀は合鴨の治部煮。濃厚な肉の旨味が出汁に溶けて旨し。お酒のほうは、あまり長居しないことにして、扶桑鶴の熱燗一本だけ追加。

焼き物はしばらく時間かかるようなので、アラカルトからナマコ酢を。ナマコでちびちびお酒やるのもよい。ご飯にはあまり合わないと思うが。

魚は太刀魚付け焼。強火の遠火でふんわりと焼いてある。肉料理はここが得意としているローストビーフ。これは実に旨かった。若いうちはもっと大きな塊、もっと脂の多い肉が好きだったが、この年になるとこのローストビーフ3枚くらいでもう十分。

カウンタはいまだに大賑わいなので、フライ物は頼まずに勘定を。フラッと寄って季節の料理を楽しむには実によい店。お酒も2本しか飲んでないし大変に安かった。「P.M.9」には寄らずに帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック