97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座「やす幸」でおでんを。
日曜の夜は早い時間にブラっと銀座に出ておでんの「やす幸」。
開店の直後に入ったが、すでにカウンタには二組。日曜日なのに明らかに夫婦ではなく、飲み屋のおねえちゃん風の女性を連れた男性がいるのもなんというか、ま、銀座だなあ(笑)

まず燗酒とナマコ酢を。ここの燗酒は、カウンタ一番入り口側に立つオヤジが、薬缶に入れて直接火にかけて温めるのだが、これが熟練の技で、ちょうどよい温度ですぐさまに供される。銘柄は黒松白鹿のみ。はせがわ酒店御推奨のなんとか大吟醸というのも確かに旨いけれども、おでんの燗酒は白鹿一本というのも、おでん屋ならではの潔い態度。

この銘柄は、昔、実家にも置いてあり、受験生の頃、深夜に勉強終えて眠る前、台所で盗み酒したなあ(笑) 深々と冷える台所で飲んだ時と、今でも同じ懐かしい醸造酒の味がするのだった。

おでんはまず大根と玉子巻。醤油を使わないあっさりした出汁だが先代の発案で関西風ではないという。出汁が沁み渡った熱々の大根を食するのは冬の夜の至福だ。玉子巻は周りのすり身に出汁が沁みこんだ具合がよい。
一人若いのがいるが、他は全部年配の職人ばかり。しかし老練らしい無駄のない働きぶりがなんとも気持ち良い。

二皿目は厚揚げ、生たらこ。生たらこは「生」で供されるのではなく、塩をしていない「生のたらこ」をおでんにしたもの。ふわっと芳醇な風味。厚揚にはネギを散らしてちょっと醤油がかかる。これまた出汁の風味が旨い。

仕上げはキャベツ巻とがんも。もうちょっと食せた気もするが、食べたかったものはほぼ全て注文して腹八分目。
おでんというのも、脂肪分は少ないし、野菜もあって魚介中心。好きなものを好きなだけ注文できるし、低炭水化物ダイエットにも向いている気がする。出汁さえしっかりしてれば毎日のように食べても飽きない。ただ、不思議にコンビニのおでんはイマイチ食べる気がしないなあ。

寿司屋では常温か冷酒を飲む習慣になってしまったが、おでんにはやはり燗酒。月曜は目覚め爽やかで胃の調子もすっきり。熱燗効果だとしたら、これから寿司でも熱燗にしてみるか(笑)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック