97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「天麩羅なかがわ」訪問。
日曜日の夜は「天麩羅なかがわ」。久しぶりの訪問。

カウンタには、「すし、うなぎ、てんぷら~林 修が語る食の美学」の宣伝が置いてある。そうそう、この本読んで思い出して予約したのだった。

「この本読みましたよ」と言うと「まだ発売すぐなのに早いですね」と中川氏が笑う。本の効果はまだまだこれからか。

冷酒を貰い、いつも通りおまかせで。

まず海老が2。中心部に甘味を残した絶妙な揚げぐあい。鬼殻を取った頭はしっかりと揚げてコクを引き出す。キスはじっくり火を入れて衣はちょうどビスケットのような香ばしさに。身肉の旨味は水分が飛んで凝縮している。

山菜は、ふきのとう、タラの芽。ホロ苦い味が冬場の沈滞した代謝に活を入れるかのような旨味。ふきのとうは露地物だがタラの芽はまだ栽培。あとひと月くらいしたら全盛だとか。中川氏の語る食材の旬はいつも的確だ。

白魚も香ばしく揚がっている。透明の魚体だが閉じ込めた旨味は実に濃い。去年は訪問が遅れてシーズンが終わっていた。白魚使うのは、立春から桜が咲くくらいまでとは、本にもあったが去年も中川氏に聞いたっけ。

スミイカはスカッとした歯触りを残す浅い揚げ。ウニ大葉巻きは、雑味なく旨味の濃い赤ウニを大葉で包んでさっと揚げる。大葉の香りがまた鮮烈。

白子は表面がしっかり揚がっているが包丁を入れると中心部はまだふっくらと。本で知ったが、この時期に出すのはフグの白子なんですな。メゴチはしっかりと揚げ切る。アナゴはいつも通り皮目をじっくり揚げて癖を飛ばしている。鉄箸でバスっとふたつに切ると盛大に揚がる水蒸気。

さつまいもは結構長く火に通しているのが分かる。ネットリした甘味。実に肉厚な椎茸は、「本にも出てましたよね」と中川氏が。友人の親爺さんが作っているという立派なもの。確かに煮アワビの食感にも似ている。アスパラの後で小玉ねぎ。これも甘味を引き出すためにしっかり火が通っている。

「今でしょ」先生の事について尋ねると、中川氏が18歳でみかわの弟子だった頃から知ってる古い客らしい。インタビューも巧みで、自分の頭の中で整理しないまま話をしても、きちんと先生のほうでまとめてくれて助かったと。あんなに色々と手の内しゃべって大丈夫かと常連客にも言われたそうであるが、実に面白い内容だった(笑)

最後は天丼を食して終了。年齢のせいか、最近天麩羅のフルコースはちょっとしんどくなってきた感あり。暖かくなったら運動して、代謝を改善してからまた来なくては。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック