97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「三月大歌舞伎」昼の部を観た
金曜は春分の日の振替で会社お休み。歌舞伎座三月大歌舞伎昼の部に。

152001.jpg

152002.jpg 152003.jpg

席は一階5列目。舞台が近くなかなか迫力あり。

演目は「菅原伝授手習鑑」を昼夜に通しでの上演。「菅原伝授」は、「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」と並ぶ歌舞伎の三大名作。元々は人形浄瑠璃で当たった演目をそのまま歌舞伎が頂いてきたもの。都を讒言によって追われる悲劇の菅原道真と、権力争いに巻き込まれる三つ子舎人を巡る物語。全編を通じて運命に翻弄される人間の「別れ」と「情愛」が印象的に描かれる。

一応は長い物語ではあるから、順番に従ってまずは昼の部から観るのが定法。ただ、私自身はまだ「寺子屋」しか観たことない訳で、一日中観劇すると頭がパンクしてしまう。日を分けて観ることにして、とりあえず、まず昼の部を。「加茂堤」「筆法伝授」「道成寺」の三幕。昼は仁左衛門中心、夜は若手花形中心の座組。

序幕「加茂堤」は、梅が咲く早春の、京都加茂川のほとり。若き親王と菅丞相の娘の人を忍ぶ若き恋と、その逃避行が全ての人の運命を狂わせて行くきっかけとなる。しかし場面の雰囲気はおおらかで明るい初春の光が満面に。

牛車の中での親王や苅屋姫の逢引は、その恋を手引した菊之助演じる桜丸と、梅枝演じる妻八重のこれまた若き夫婦の仲睦まじさと呼応し、手水桶に水を汲んでくる部分のやり取りなど完全な下ネタで、やり取り全体が瑞々しくもエロティックで面白い。昔の人はどんな感じで観劇したのだろうか。

25分の幕間のあと、二幕目は「筆法伝授」

帝からその家伝の優れた筆法を誰かに伝授せよとの命を受けた菅原道真は、その準備のため潔斎して屋敷に篭っている。筋書きで「筆法伝授」「道明寺」の上演記録を見ると、当代の大幹部では片岡仁左衛門しか主演していない、まさに当代仁左衛門の芸。

片岡仁左衛門の菅丞相は、凛とした気品と押出しがあり、威厳と知性そして奥深い人情をも感じさせる魅力あり。ちょっとこれに勝る菅原道真は想像しがたい。

不義により勘当された武部源蔵を、染五郎が実に丹念に演じている。破門した者であっても伝授に値する者には筆法は伝授する。しかし破門を解くことはまかりならない。再びの参内は許さないという、峻厳な正義感と飽くなき技芸の追求から生まれる炎の伝法。「寺子屋」は昨年、仁左衛門の松王丸で二度観る機会があったが、この段を観ると「寺子屋」で武部源蔵が菅丞相の息子菅秀才をなぜ必死にかくまうのか、腹落ちするのだった。

夜の部では、この武部源蔵を松緑が演じるらしい。別に白塗りの二枚目でなくとも意外に現実感ある訳で、結構成立するよなあと、観るのが興味深い。

菅丞相の屋敷で舞台が回って壮大に転換してゆくのも印象的。軽妙で観客を笑わせる小悪党役はなかなか難しいと思うが、左中弁希世役の橘太郎は結構小技のくすぐりもあり面白かったなあ。

帝の屋敷に参内しようとした時、菅丞相の冠の紐が切れる歌舞伎ならではの演出は、菅丞相の身に起こる悲惨な運命を不吉にも暗示して、実に印象的に成立している。

35分の幕間は「花篭」で一杯。「はなかご膳」は、ホタルイカ、ふきのとうの天麩羅、たけのこ御飯など春の彩り。向かいには真ん中にペンシルビルだけが残った空き地があったのだが、もうビルが建ち始めている。早いね。

201503211308478e3.jpg 201503211309451af.jpg

三幕目は「道明寺」

この幕も仁左衛門が扇の要の如き存在感で場を固める。秀太郎演じる覚寿は歌舞伎「三婆」の一人なんだとか。昨年8月に観た「輝虎配膳」の勘助の母、越路も三婆の一人だったっけ。

菅丞相が自ら掘った木像と本物の菅丞相が交錯する、ちょっとSFのような趣向。仁左衛門の演じ分けも興味深い。娘の幼い恋を政略に使われたために、思いもよらぬ咎を得て流罪に赴く父。しかし、淡々とその罪を受け入れたが故に、娘には顔を合わせないと頑なに決めている父。父娘の今生の別れが胸を打つ。花道を去ってゆく仁左衛門の目尻には薄っすらと涙が滲んでいたような。

「加茂堤」の梅王を演じた菊之助はなかなか印象的だったが、この幕で判官代輝国を演じた菊之助は、あまり印象に残らない。幕外の引込みで最後に花道を走って行く、大物がやる役なのではあるが。 苅屋姫の壱太郎は、むしろ「加茂堤」よりもこの幕のほうが印象的に成立していた。 宿禰太郎の彌十郎、土師兵衛の歌六はきっちり演じていると思うが、やはり脇なんだなあ。

全編に渡って菅原道真所縁の梅が咲き乱れる早春の香り立つ舞台。運命に翻弄される人間たちは更に大きな悲劇に向かって行く。通しで前段を観る経験ができてよかった。明日は夜の部。

今日の歌舞伎座昼の部は一階席最後部に大きなカメラが二台設置されており、撮影部隊も。NHKでそのうち放映するのかな。自分の観た舞台が記録に残るのは記念になってよい(笑)Eテレで放送するかな。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ。
同じ日に観劇されていたのですね^^。
私は、昼夜通しで見ました。
いつ何が起こるか分からないので、見たものがある時は、見逃すべからず!と赴きました。
2015/03/29(日) 15:09:40 | URL | ふぅ。 #-[ 編集]
同じ日に歌舞伎座でしたか。それは奇遇でしたw

菅原伝授通しですから、確かに通しで観たほうがよいとは思うのですが、私は歌舞伎初心者ですので、昼夜通しで見ますと、頭がパンクしてしまうのですねえ。

メトロポリタンやボストン美術館でも、丸一日は観てられません。頭が飽和容量を超えてボーっとしてきます(笑) しかし大変面白い演目でした。
2015/03/30(月) 20:43:51 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
私も初心者です。
でも、何と言っても遠征の身(p_-)。
メトロポリタン美術館も、ボストン美術館も、ほんの数時間の駆け足でした。
むかしむかしボストン美術館で見た、モネのラ・ジャポネーズを去年の秋京都で見ましたが、先週行った名古屋で、またそのポスターを見かけました。あ、今ここに来てるの〜?といった気分でした(笑)。
2015/04/11(土) 00:32:31 | URL | ふぅ。 #-[ 編集]
私も一度大阪松竹座に遠征しましたが、一泊で行くと交通費のほうがチケットより高くなって、どうもなあとw

私がボストン美術館に行った時は、平日に行ったせいもあって、人が少なく、ゴッホやルノアールの絵の前に立って周りを見回すと私だけという場面があり、ヒョイと外して持って帰れるのではないかと思ったり。勿論手をかけた途端にアラームが鳴り響いて警備員が飛んでくるでしょうけど(笑) 

モネのあの赤い着物の絵は、大きすぎてさすがにヒョイとは外せませんね。←だから外したら大変な事になるってw
2015/04/12(日) 20:45:19 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック