97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八 分店」訪問 
木曜日は会社を出てから「新橋鶴八 分店」に電話。本日は大丈夫ですとのこと(笑)

ニュー新橋ビル二階に上がると店の前で親方が出迎え。夜の部最初の客だ。

まず加賀鳶純米冷酒飲みつつ、つまみ。花見の話などしながら。ヒラメはだいぶ脂薄くなってきたがまだ旨味あり。カレイはまだ小さいし高いのだとか。まだ塩蒸しが種札にあるがこれは塩蒸し好きの台湾の客がいるので作ったとのこと。

漫然と頼むといつも本店で食するラインアップと同じになってしまうので、考えながらゆっくりと。ま、「癒しの店」なので大丈夫だろう(笑)

「新橋鶴八」本店とだいたい同じ種札を眺めながら親方とつまみ談義。私はお好みで注文する時は、マグロ、イカ、コハダ、アナゴはつまみでは頼まない。新橋鶴八では白身と塩蒸しは必ず頼む。そうなると残りの選択はあまり多くないな。どうしても毎回同じようになる。

シマアジがあったのでつまみで注文。くどさのない上品な脂。

貝類もさほどつまみとしては珍重しないが、ミル貝をあぶったりすると旨いなと話すと、手が空いていたので早速炙って出してくれる。

他に魚の種類は増やさないのか聞くと、何度かトライしたがだいたい大常連O氏にダメ出しされると。そういえば以前、サゴシを酢〆にして出したら、「こんなもの要らない」と一蹴されていた(笑) 甘鯛や、椀種で入れたアイナメも刺身で出してみたら、「もう俺には出すな」と言われた由。確かに江戸前の寿司種としては微妙。

もっとも、まだ挑戦意欲は盛んで、カマスにもトライするという。〆て皮目を焼き霜にして棒寿司みたいにすると旨い。「しみづ」でも「さわ田」でも昔出していたからトライしたらとけしかけておいたので、そのうち登場するかな。

お酒は「幻」という純米吟醸があるというので、それに切り替え。ずいぶん磨いたと感じるすっきりした淡麗なお酒。広島の酒。

「しみづ」では春先に蒸した白魚とホタルイカにオリーブオイルかけたり、冬場だと白子ポン酢も出る。暖かいものが一品くらいあると良いんだよねというと、ヒラメとスミイカをさっと出汁で炊いてとろみをつけた一品を出してきた。素材の魚が新鮮だし、なかなか旨い。

この辺りでお茶を貰って握りに。まずマグロのヅケを一貫。普段は食べないが他の客に切り付けているのを見るとほしくなった(笑) その後中トロ。コハダも一貫。小柱は軍艦で。小柱には海苔が合うなあ。本店同様、ハマグリのおつゆが小ぶりな椀で出てきた。これまた旨い。最近疲れてたのであまり量を食べなかったので勘定は間違えたのかと思うくらい安い。親方にも威圧感無いし(笑)もっと若い客が増えればと思うが、最近見かけるのはオジサンの客ばかりだな、何故か。

この日は「P.M.9」寄らずにタクシー帰宅。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック