97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
四代目中村鴈治郎襲名披露「四月大歌舞伎」昼の部
昨日は、歌舞伎座の、中村翫雀改め四代目中村鴈治郎襲名披露の「四月大歌舞伎」昼の部に。

20150425184445dc8.jpg 20150425184520b4c.jpg

開場して間もなく入ったが、結構観客が少ない気が。明日が千穐楽という週末なんだが大丈夫か。上方大名跡の中村鴈治郎襲名しての東下りだが、上方の歌舞伎というものが、もはや存在感無いからなあ。

20150425184717e3f.jpg

両花道は昼の部からずっと設定されている。もともと通路を使って設営されているので、両脇の客席は一方からしか出入りできなくて、ちょっと窮屈かもしれない。

201504251845548d6.jpg 20150425184637c90.jpg

イヤホンガイドを借りて席に。花道寄りの6列目。花道はよく見えるのだけど、やはり中央寄りのほうが良いかなあ。

最初の演目は、初代の鴈治郎が定めた「玩辞楼十二曲」のひとつ 「碁盤太平記(ごばんたいへいき)」. 山科閑居の場。

四十年ぶりの復活上演なのだという。

主役の大石内蔵助は、四代目中村鴈治郎の弟、扇雀。目鼻立ちのスッキリした二枚目で元々女形であるから色気もある。堂々たる大石内蔵助として印象的に成立している。初代や二代目の鴈治郎には、おそらく扇雀のほうが似ているし、これからは立役でゆけるのでは。

ひるがえって、翫雀はむしろ三代目鴈治郎、当代の坂田藤十郎のほうに体型も含めて似ている。もともと二枚目ではないんだなあ。鴈治郎を扇雀が襲名して、藤十郎を翫雀が襲名すればよかったのではと思ったが、まだ親父の藤十郎は存命だから勝手に襲名はできない(笑)

吉良方の間者である岡平実は高村逸平太を染五郎が演じるのだが、大石主税にバレて致命傷を負いながらも、大石内蔵助に吉良邸の様子を語るところが若干腑に落ちない。妻や母親を欺いてまで主君の敵を打とうとしていた内蔵助の忠義に心を打たれた表現がちょっとね。

201504251848187bf.jpg

30分の幕間は、花篭で。前回来た夜の部は「襲名披露御前」なるものを食したが、今日は何時もの「ほうおう膳」。イイダコ、空豆、山菜天麩羅、桜餅や筍ご飯など春爛漫の季節がきちんと反映されているのだった。ペンシルビルを何本も地上げした跡地にはもう建物が立ち上がっている。早いもんですな。

二番目の演目は、「六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり)」

去年の俳優祭で上演されたのをビデオで観た記憶あり。小野小町を巡る歌人達の恋のさやあてを、左團次、仁左衛門、梅玉、菊五郎、吉右衛門と錚々たる大幹部が次々と演じる豪華な舞踊劇。

食事の後の所作事は眠くなって鬼門だが、次々と伴奏音楽も場面も転換して飽きさせない。

「文屋」では、仁左衛門が高貴な公家の色男を演じて間然とするところがない。喜撰法師は動きもあり長い舞踊で、軽妙な笑いを取るという大変な役だが菊五郎が機嫌よく元気にやっている。年齢を感じさせないなあ。吉右衛門の大伴黒主も、怪異でしかも大きい。小野小町を演じる魁春も、場面に応じて衣装と姿を変え、気品高くまた艶やかに成立していた。

20分の幕間を挟んで最後の演目。「玩辞楼十二曲の内 廓文章(くるわぶんしょう)」

お話の設定としては夜の部「河庄」によく似ている。遊女に入れあげて身を持ち崩した大店のアカンタレの若旦那が、相手の遊女に、嫉妬したり、誤解から諍い起こしたり、拗ねたりする和事の演目。

アカンタレのボンボンが、ジトジトスネスネするというお話が、なんでそんなに上方でうけたかというのは不思議ながら、「河庄」よりもこちらのほうが動きがあってまだ楽しめる。劇中で「そういえば、あなたにもおめでたい事が」と吉田屋の旦那役幸四郎が鴈治郎に問いかけ、襲名口上に移るという趣向あり。

ガンジロはんの実父、藤十郎が扇屋夕霧を演じるのもまた興味深い。もう80歳過ぎてるのに、ちゃんと傾城の美女に見える。生涯現役の歌舞伎役者というのは凄いもんですなあ。しかしアカンタレのボンボンが主役の和事の味というのは、やはりイマイチ分からないのであった(笑)。

最後は何故か勘当が許され、夕霧を身請けする千両箱がドカンと届くという、それまでのあらすじを、豪快に全て吹っ飛ばすようなハッピーエンド。襲名披露興行の一幕としては実におめでたくてよい(笑)

襲名披露興行というのは初めて観たが、大幹部総出演で賑やかにおめでたく、なかなか良いものだ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック