97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎の後で「銀座新富寿司」訪問
昨日は、昼の歌舞伎座を出た後、通しでやっている銀座「新富寿司」で一杯。一回はこれやってみたかったんだ(笑)

通しで営業とはいえ、お客は誰もおらず、食事後にカウンタ奥で休んでいたらしい職人が慌てて立ち上がって、「いらっしゃい」と迎えてくれる。なんだか申し訳ないなあ(笑)

お酒は八海山の冷酒。つけ場に立つのはまだ小僧の頃からこの店にいる一番若い職人。

あまり腹は減ってないので、つまみを中心に切ってもらう。ヒラメ昆布〆は昆布を刻んで上に。シマアジは腹の部分だが上質な脂。カツオは立派な大きさの片身から切ってきた腹の部分。脂の乗りはまだ薄いが爽やかな初カツオの風味だ。

アジは皮をむいて薄く賽の目に細かく包丁を入れる。トリ貝、平貝もつまみで貰った。握りはマグロを飛ばして、コハダ、酢締めのイワシ、漬け込みのハマグリ。j光り物は割と甘い酢につけている、いつもと変わらぬ古い仕事。握りの大きさは小さい。最後はカンピョウ巻で〆。これも甘辛の古式を残す。

一人前もあるし、つまみから握りへとおまかせも出来るようだが、全てお好みで頼んでも大丈夫な使いやすい店。職人が静かで向こうからあれこれ話しかけてこないのもよい。握りも一貫ずつでOK。途中でそろばんをパチパチやって値段を備忘しているのも昔から。

馴染みの店でのんびりやるのも好きだが、たまにここに来ると、静寂な時間がゆっくり流れている。何を次に頼むか、のんびりとあれこれ考えるから、普段の寿司屋での感覚がリセットされ、逆になんだか清々しい気がするのだった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック