97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
グアム滞在写真日記~夕焼け編
先週29日からGW突入。グアム島でのんびりと4泊してきた。旅行記はまた別途記録するとして、夕焼けの写真を先にアップ。FC2は違法動画でモメているようだが、ブログサイトはまだ残るのかねえ。そのうち消滅することも考えておかなければいけないのかも。

b150501.jpg

ホテルにチェックインしたのは夕方。波に日の光がきらめいている。

b150502.jpg b150503.jpg

b150504.jpg b150505.jpg

b150506.jpg

初日の夕焼け。バルコニーで潮風に吹かれて一杯やりながら、空が暗くなるのをずっと眺めていた。

b150507.jpg b150508.jpg

二日目も好天。昼間はビーチのパラソルとチェアを借りて、日陰でずっと寝転んでiPodで音楽を聞いていた。

b150509.jpg b1505091.jpg

フィリピン海は台風の卵が生まれる場所。次々と海龍の如き積乱雲が立ち上がり北へと。あるものは消え、あるものは他と合体して更に勢力を増して行く。右の雲は海から立ち上がったゴジラに似てるなあ。

b150510.jpg

二日目の夜はあまり天空に雲が無く上空は段々と群青から更に深い青、そして星空へと変わって行く。中空に明るい星がひとつ。

b150511.jpg

潮風が吹き波の音が聞こえる場所にいると、自然と夜は早く眠くなり、朝は早く目が醒める。仕事リタイアしたら、海のそばの掘っ立て小屋で世捨て人の如く暮らしたりするのもよいかもなあ。

b150512.jpg b150513.jpg

b150514.jpg

三日目の夜は、あまり水平線は焼けず、水平線に遠く沈んだ太陽の照り返しが高空の雲にうっすらと反射する。

b150515.jpg b150516.jpg

とっぷり日が暮れると、もう波の音しか聞こえない。静かな夜。

b150517.jpg

この時期はお昼頃に大きな引き潮で、遠浅のタモン湾は遠くまで歩いて行けるほどの水深に。

b150518.jpg b150519.jpg

最終日の夜も晴れており、落陽はスポンと海に沈んで行く。

b150520.jpg b1505221.jpg

近くには大きな雲の塊が。まるでスフィンクスが夕陽を追って空に動き出したかの如し。

b150521.jpg b150522.jpg

都会の喧騒を忘れ、ただただ壮大な夕焼けを楽しんだ4日間だった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビーチのサンセット・・いいですねぇ

何もかも真っ赤に染まった写真撮りに行きたい気はするけど「何もせずにノンビリする」ってのが出来そうにない貧乏性ですからねぇ。
GWはひたすら家でビールクズになり、明日から福島まで行って円盤餃子だの温泉だのでさらにクズに磨きをかけてきます(笑)
2015/05/06(水) 18:35:56 | URL | taka #xJy3ruYo[ 編集]
Re: タイトルなし
takaさん

結構「何もせずにノンビリする」というのも、意外に難しい面あるのですよねえw 明日から福島行きですか。あれこれ美味いものがありそうですね。良いご旅行を。
2015/05/06(水) 21:32:07 | URL |  Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック