97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
満席の嵐に打たれて「銀座新富寿司」へ
GWは結構肝臓も傷めつけたが、木曜日は休肝日で早寝。金曜の夜は寿司屋で一杯やって帰るかと、会社出る直前にあちこち電話。

しかし「新ばし しみづ」も「新橋鶴八本店」も親方が電話に出たが、「すみません満席なんです」と。「分店」に電話すると手伝いの女性が出て「申し訳ありませんが満席です」と。また貸切営業してるのでは(笑)

まあ寿司でなくともよいかと今度は「久」に電話するも、こちらも早い時間は満席だと。築地「つかさ」に電話するも出ない。ひょっとして臨時のお休みかな。ダメ元で銀座「鮨竹」に電話するもやはり満席。いつも混んでるようだから当日では無理か。しかし金曜とはいえGWの直後なのに、どの店も満席というのは凄いなあ。

取りあえず会社は出たが、思いついて「銀座新富寿司」に電話すると空いてるという。それではと地下鉄乗って銀座まで。早速入店すると、カウンタは私のみ。もともと静かな店だが更に静かな金曜の夜。

まず八海山冷酒を貰ってつまみから。親方が相手してくれる。まずお通しで、北海道の白魚、富山のホタルイカ。白身は天然の鯛かヒラメ昆布〆というのでまず鯛を。三重で揚がったものだとか。皮目が湯引きしてあって旨味あり。種ケースにあったので、たいらぎを。爽やかな甘味。ヒラメ昆布〆は昆布の旨味が十分染みている。

アジは胡瓜をあしらいに、酢橘を添えて小皿で供される。別に出される生姜醤油で。

「早い時間は静かですね」と問うと親方は「連休の後ですから想定の範囲内です」と。店の前も人通りは割と少ない。GWはずっと休み無しで営業していたが、最後のほうは魚が無くなって早めに〆たのだとか。

最近は外国人客も多いのではと聞くと、中国人風の客でブラっと入ってきて、店の中を眺めて、そのまま出てゆくような客もいるとのこと。種札が無いし割と古式を残した店の雰囲気だからやはり気遅れするのか。

この店は、お好みで注文しても大丈夫だし、勿論、店が見計らうおまかせもある。「おきまり」の一人前は今も置いてあるんだよねと確認すると、それは、お客さまのご要望ならいかようにも致します、まともな店ならどこでもそうですよと。

この辺りでお茶を貰って握りに。一貫ずつでもよいねと聞くと「勿論です」と間然とするところがない。中トロ、コハダ、カスゴ、酢〆のイワシ、ハマグリ、穴子、カンピョウ巻と貰う。硬めに炊いた酢飯は砂糖を使わず塩と赤酢のみで味付け。光り物の酢は甘め。煮物はしっかりと甘辛に仕上げる江戸前の古式を残す。カンピョウ巻も古風な仕事。

昼から通しで営業しているし職人がうるさく話かけてくることもない。しかし何か聞けばきちんと返事が返ってくる。最近はずいぶんと新しい趣向の若手寿司屋も増えたが、ここは昔をそのままに残す真っ当な江戸前の店。池波正太郎も通ったという、昔ながらのカウンタをずっと独占して、実に贅沢で静かな金曜の夜。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック