97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
アメリカ人連れて「新橋鶴八 分店」へ
先々週はアメリカから何名か出張で来ており、打ち合わせ。火曜日は社長もいれて会食だったのだが、水曜はアテンドする者がいないというので、私がどこか連れて行くことに。

予定外に仕事の会食が入るのも困るのだが、まあ、しかたない。

アメリカ人の弁護士は寿司が好きで、「久兵衛」にも連れて行って貰ったことがあるという。他の2名も寿司がいいというので寿司屋に連れて行くことに。

折角だから大箱ではなく、小体な江戸前の本格店を紹介するかと思ったが、当日に4名予約はなかなか厳しい。「しみづ」はお休み。「新橋鶴八」は入れない。「つかさ」はちょっとアメリカ人連れて行くには交通の便がなあ。しかし「新橋鶴八 分店」に電話するとなんと4名分カウンタが空いているという。

私のほうは定時後まで打ち合わせあったのだが彼らは一度汐留のホテルに戻るという。6時半に「新橋の聖地、スティーム・ロコモティブ・プラザ」に来いと伝言。彼らは日本に慣れているので、「SL広場」が分かるのだ(笑)

時刻通り落ち合って「分店」に。日本酒はまず「加賀鳶」。お酒を注ぎ合うのは面倒なので各人にグラスで出してもらう。

まず全員に「江戸前」の解説。寿司種それぞれに仕事が施されていることや、屋台の名残でつけ台に直接寿司が置かれることも説明。親父が一人でやる小体な店こそが「江戸前」の本格なのだと教え込んでおいたw

店の歴史についても、「神田鶴八」から「新橋鶴八」そして「分店」に至る系譜、分店の親方は、スシ・グランド・マスター、イシマルのアプレンティスとして19年修行して、全てのスシ・テクニックを習得したのであるとずっと英語で解説。疲れるな。一人だけいた先客には迷惑だったろう(笑)

まずはつまみから。白身は脂のあるほうがよいんじゃないですかと親方の勧めもあって、まずシマアジ。これはスナッパーかと聞かれるのだが、iPhoneにインストールしたアプリ、「Sushipedia」で検索するも名前が出てこない。「ハマチ」の親戚だが養殖ではなくナチュラルなのだと説明。

塩蒸しは房総の大きいのが入っており、切りつける時に感嘆の声がわく。トリ貝をつまみでもらうが、またこれは何だと質問。確かに英語では何というかね「Sushipedia」で検索するもヒットせず。このアプリもあまり役立たんなあ(笑)

基本的に世界の海はつながっており、海産物はQuarantineの対象にはならないのだが、二枚貝は海底の土壌を噛んでいる可能性があるので、日本産の貝は土壌検疫の問題で米国には通関できないのだと、トリビアを解説。盆栽もダメだものなあ。

アメリカには無いものをと、本ミル貝を軽く炙ってもらってつまみに。アメリカでもブヨブヨの巨大な白ミルがあるのだが、あれはちょっと生臭い。漬け込みのハマグリもつまみで。漬け込みの伝統的な仕事を英語で解説。日本語でこれをやってたら鼻もちならないウンチク野郎だが、アメリカ人は「寿司好き」と自称しても解説してやらんと何も知らないからしかたない。

この辺りで握りに。ヅケ、中トロ、コハダ、アジ、車海老など。アメリカ人弁護士は、アジは生涯食べたベストだと言ってたが、アメリカではそもそも小魚を生で食べるような鮮度で流通させるには、捕る漁師も市場も体勢が整ってないのだよな。

アナゴに最後は鶴八名物の鉄火巻き。酢〆や煮物の仕事、酢飯には砂糖を使わずしかし塩と赤酢でシッカリ味がついていることなど、あれこれ英語で解説してずいぶん疲れたが、アメリカ人達はしきりに感心している。これはこれで苦労の甲斐あり。最後は店の前で記念撮影。

その後、「P.M.9」に案内して、好きにカクテル飲ませて、その後は更に他で飲んでた連中と合流。疲れ果てた(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
寿司を英語で説明するとき
池田書店の「THE SUSHI MENU BOOK」という本が、寿司ダネのみならず、寿司そのものの紹介や、寿司店でのマナーなどを英語で書いていて、外国の方を寿司店に連れて行くときに役に立つと思います。もっともシマアジは載っていませんでしたが、この魚はあまり寿司店に行かない日本人とかにとっても説明の難しい魚なので、外国人にとっては名前が英語で分かったとしてもたぶんよく理解できないのでは。

ミシュランのおかげで、福岡市なども外国の人が寿司店に訪れることが多くなりました。若い店主のやっている店は英語で対処できているようですが、老舗店の店主はガイド本みたいなものを置いて、なにか聞かれたら、それを見せて対処するようになってました。
2015/05/28(木) 20:44:24 | URL | 九州人 #mQop/nM.[ 編集]
アジやコハダ、ミル貝や赤貝にしても、英語名が分かっても、もともとアメリカであまり流通してませんから、結局あまり意味がなくて、日本語をローマ字にしてそのまま覚えるほうが後々役に立つようにも思いますねえ。

寿司好きの弁護士は、日本名をローマ字でiPhoneにメモして写真撮ってましたw

2015/05/29(金) 21:18:20 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック