97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
火曜日は「新橋鶴八」。会社帰りに電話するとお弟子さんが出て直ぐに「空いております」と。入ってみるとカウンタは私だけ。

なんでも今日は奥の座敷に予約入ってるだけなんだとか。「先日はお断りしちゃってすみませんでした。でも、今日みたいな日もあるんですよ」と石丸親方。まあ、のんびりとした日も良い。

鶴八系がどこも満席だったあの金曜に「銀座新富寿し」に行ったのだというと、「あそこは、うちよりも一世代古い仕事の店ですからねえ」と石丸親方。昔行った事があって、シャコが真っ黒でビックリしましたよと。この店とも通じる漬け込みの古い仕事ではあるのだが、確かに甘辛の度合いがもっと一段濃いのだった。

「新富寿し」は昼から通しでやってるのが偉いというと、親方も昔を懐かしんで、「昔は寿司屋でも昼からずっと通しでやる店が多かったですねえ。でもあれは大変なんです」と。新富寿しでも、歌舞伎昼の部の帰りにフラッと寄れるのはいいのだが、店の自動ドアが開くとカウンタ一番奥で居眠りしてた職人が起きて「いらっしゃーい」等と云うのが気の毒な所があるのだよなあ。

冷酒貰ってつまみを。お通しはホタルイカ。もうそろそろシーズンも終わりだと。まずカレイ。爽やかな夏の白身。塩蒸しは房総産で大ぶり。日本海側ではもう終わりだが、房総ではまだ良いトリ貝があるんですよと親方が勧めるのでそれも。確かに肉厚で甘味あり。ハマグリ漬け込みもつまみで。

この日は何故か電話は鳴るのだが翌日以降の予約ばかり。座敷には5名団体が入ってたが、カウンタは最初から最後まで私一人で独占。親方とあれこれ話できて面白かった。

握りはいつも通り。中トロ、コハダ、アナゴ各2。最後はカンピョウ巻。中トロは脂の多い部分で、ここのふっくらした酢飯によく合う。コハダはだんだん脂が抜けてきましたというが、それでも選りに選った肉厚の種でネットリして酢飯に合う。

燻し銀のようなズッシリとした技術を楽しんだ満足感と共に店を出る。分店の扉が空いてたので、元気にやってるかと手を降ってご挨拶。ま、実に迷惑ですなw




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック