97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
日曜は歌舞伎座六月大歌舞伎昼の部を観て、夜は「新ばし しみづ」。

最近当日の夕方に電話してもまず入れない。それではと「新橋鶴八分店」に電話するとまあ大体は入れるのでそちらに行く。そうするとさすがに翌日も寿司という気分にならない。という訳でこの所だいぶご無沙汰。

前日の土曜に電話したが満席。日曜の早い時間なら空いてるというので予約。日曜にここに来るなんて実に久しぶり。入店してもしきりに電話が鳴り、満席ですと断っている。商売繁盛で景気良い話ですな。

お酒は冷たいのを。お通しはちりめんおろし。いつも通りつまみから。自分に疲れが蓄積してるなと思うのは、他の客に出されるつまみのペースについて行けずに、どうしても遅くなるところ。「分店」のノンビリしたペースに慣れすぎたか。スパルタンなこの店について行くには、もう一度自分を鍛え直してから出直さねばならんな(笑)

カレイは爽やかな夏の香り。前回はお休みだったタコも先発に復帰。産卵が終わったばかりでまだまだこれからだと云うが、旨味はもうかなりある。カツオは塩をしてから炙り焼きにして薄く切る。最近この出し方に凝ってると。爽やかな香りの時期なら塩もよく合う。戻りになると辛子醤油が良いなあ。

「久」の若いのが座布団を借りに来る。新橋鶴八大常連のO氏が来訪してるとのこと。「分店」に来る時は本店に座布団借りに行ってるようだが。

カスゴ。アオリイカとウニを手塩皿に盛って。アワビもずいぶん大きいものが出てきている。赤貝もそろそろ終わりか。「新橋鶴八」でも、日本海側のトリ貝は旬を過ぎたが房総はまだ良いものがあると聞いたが、ここでも同じく房総のトリ貝を入れているという。「新橋鶴八」は名残の種をしぶとく使うから、トリ貝はまだまだ出てくるかな。

この辺りで握りに。まずキス。マグロは赤身、中トロ。シットリした身肉の旨味が素晴らしい。コハダはもうギリギリとのこと。脂は若干抜けてきた感あり。肉厚のアジはネットリとした旨味。新橋鶴八では酢に潜らせるだけだが、これはちょっと塩と酢で〆ているとのこと。新鮮な脂をネットリと旨味深く変える仕事が素晴らしい。ここの強い酢飯ともよく合う。

アナゴはこれからが旬だがもうトロトロ。塩とツメで1貫ずつ。実に旨い。最後はカンピョウ巻を半分。どれもよかった。当日会社出る前に電話してフラッと入れたら最高なんだがなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック