97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座で「六月大歌舞伎」昼の部を観た
先週日曜日の昼は歌舞伎座で「六月大歌舞伎」。本日は二階席の最前列。

2015061014133807d.jpg 20150610141400f70.jpg

値段としては一階の前列と同じなのだが、やはり初心者には一階席の方が迫力あり見ごたえある気もする。二階は舞台を広く俯瞰できるのが利点だが。前回の相撲観戦で使用した6倍のオペラグラスが大活躍。最前列は前に座高の高い人が絶対に来ないというところが良い。

最初の演目は「天保遊侠録(てんぽうゆうきょうろく)」

これは昨年、大阪松竹座で同じ橋之助主演で観た。侍の世界が制度疲労を起し腐敗した官僚機構と化していた幕末を描く新歌舞伎。

前回の上演から間もないし、橋之助のセリフ回しも達者で手慣れたものだが、若干どの場面も段取りに見える。

芝雀の芸者八重次も安定感あるのだが、大阪で観た孝太郎のほうが役のエッジが立って印象的だったかもしれない。現代社会での組織の腐敗やパワハラも思わせて、人間の嫌な面を見せつける物語ではあるのだが、最後に全員を平伏させる阿茶の局が物語に最後のカタルシスを与えている。魁春も巧いと思うが、婆としての貫禄は、さすがに年功か、大阪で観た秀太郎のほうが勝る。

宴の世話役で、橋之助の小吉に衣装やら料理やらをアドバイスする世話役のオヤジ(松之助?)は。台詞が入って無いというよりも、昔の小渕首相がインタビューで暫く無言だったように、脳虚血の軽い発作が起こってるのではと心配になるほど台詞がおかしい。大丈夫か。

次の演目は「新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)」

「新薄雪物語」は人形浄瑠璃から来た古い作品。通し狂言を昼の部と夜の部に分けて上演するという珍しいパターン。今回は昼の部観劇だけだから、「花見」と「詮議」の二幕。

菊五郎、仁左衛門、幸四郎、吉右衛門と大名題が勢揃いした豪華な座組。薄雪姫は、梅枝、児太郎、米吉と売り出し中の若女形が交代で演じる。

若い二人の忍ぶ恋がお家騒動の陰謀に利用され、その家に大きな悲劇を呼ぶというのは、菅原伝授手習鑑にもある歌舞伎ではよくある設定。

「花見」は清水寺での絢爛豪華な花見シーンが圧巻。梅枝の薄雪姫は、気品高く美しく成立している。恋の相手、園部左衛門が錦之助。腰の据わらないヘナチョコな二枚目というのは錦之助に合ってるような気がする。

ただ全体に恋の取り持ち部分は冗長で見どころに乏しい。この幕では、仁左衛門、吉右衛門共に悪役で出るのだが、両名とも実に重い存在感がよい。

「花見」最後は、菊五郎と一座の若手大勢による立ち回り。中心となるのがお年寄りの菊五郎旦那なので、アクションはそんなに凄い訳でもないが、ただ扇も富士山も綺麗に決まった。

二幕目は「詮議」。薄雪姫の恋が大いなる悲劇への不協和音を奏で始める。恋人達にかかる謀反の嫌疑と、それを知った父親の苦悩。

菊五郎と仁左衛門は「花見」とは役柄を変えて登場。特に菊五郎は奴で立ち回りした後で六波羅探題の執権だから結構大変ではないか。この幕から薄雪姫は梅枝から児太郎に。

この段では、とりあえず、それぞれの子供を交換して自ら詮議したいという事までで終わる。

存在感ある大名題が、それぞれに見所ある役を演じる豪華さで持たせるが、前半だけではストーリーそのものにカタルシスが乏しく、やはりちょっと盛り上がりに欠ける気がするなあ。今週末には夜の部観に行くので、後半の盛り上がりに期待。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック