97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「鮨つかさ」訪問
水曜は休肝日で帰宅しようかと思ってたのだが、夕方に気が変わって築地の「鮨つかさ」に電話。親方が出て「ご用意できます」と言った後、「でも今日はちょっと魚が少ないんですが」と。まあ、いいよということでそのまま入店。

カウンタは私のみ。この店は、昼は普通営業しないのだが急に予約が入って営業したため、コハダとマグロ脳天スモーク他いくつか仕込んだ種が切れてしまったとのこと。そういえば今日は築地の休市だったっけ。夜の客は私で終わりとのこと。そんな日に限って、当日予約の電話が次々と。商売というのはそんなもんなんだよねえ。

しまいには「今日の予約をキャンセルします」という電話までかかってきたが、高橋親方が「あの~、今日は予約承ってないんですけど」と答える妙な電話まで。一昨日女性が出て予約を受けたと先方が云うのだが、親方によると一昨日は手伝いの女性いなかったとのこと。都内に「つかさ」という寿司屋は他に2軒ばかりあるのだが、一体なんで間違えてかけてきたのだろうか。最近はスマホで検索して電話番号クリックするとそのまま電話できたりするから、かえって間違えやすいかもしれない。

親方と、先日見た「早川光の最高に旨い寿司」二回目の事などあれこれ雑談。冷酒飲んでまずつまみから。

カツオは実に爽やかな香り。カレイも旨味が乗る。房総、黒あわびの塩蒸し。TV放送の時は実に大型のが入っていたが、確かに旨味が増してきた。

赤貝ヒモはもう本当に終わりだと。トリ貝も終わりましたというので、「新橋鶴八」や「しみづ」では房総のがまだまだ置いてあった事を伝えると、じゃあ探してみるかなあと。卸によって追いかける産地と時期に個性があるからなあ。夏ウニもつまみで。宮城産なので「あまちゃん」のウニですと(笑)

適当な所で握りに。カツオ、北海道のヒラメ、名残のスミイカはもう大型。中トロはネットリした旨味あり。生のアワビは実に立派。爽やかな旨味あり。酢〆のアジは脂がネットリとしている。茹で上げの車海老。最後はいつものマグロひっかきの身の鉄火巻。マグロの旨味とスッキリした酢飯の酸味、海苔の香りが混然一体となっていつもながら素晴らしい。この所疲れが蓄積していたから、さほど食欲がなく、ちょっと寿司種少ないくらいでちょうどよかったなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック