97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問
火曜日は会社帰りに「新橋鶴八 分店」。当日夕方電話すると空いてると。エスカレータを上がると店の前に五十嵐親方が待っている。8時以降の予約しか入ってないのでしばらく貸し切り状態。

カウンタに座ってまず「加賀鳶」冷酒を。お通しは酒盗。

この前来た時は大常連O氏とずっと一緒に飲んで、寿司屋滞在時間最長記録を更新してしまったのだが、今日のO氏は本店に顔を出すローテーションらしい。分店のほうはこのところ割と暇なのだそうである。もっと新規顧客獲得のために何かやったらよいのではとあれこれ雑談。なぜか分店の常連客はオッサンばかりで、本店よりもむしろ平均年齢が高いくらい。鶴八譲りのしっかりした仕事で居心地もよい。一見の若い客を開拓できるはずなんだがなあ。

まずつまみを。普通は白身で始めるが、カレイは遅い時間のお客さんが昆布〆が好きなので全てそちらに回してしまった由。色ものでシマアジを。プルンとした触感、上品な脂。アワビ塩蒸しはなかなか立派なもの。

カレイ昆布〆もつまみで。ここの昆布〆は切り付けてから昆布に貼って重ねて〆るやり方。当日〆るのだそうである。神保町ではサクごとやってたが身が硬くなるので新橋でこのやり方に変えたのではという話であったが。そういえば「神田鶴八鮨ばなし」には昆布〆の話は出てなかったような記憶が。

トリ貝もつまみで。これは舞鶴だとか。何年か前は超巨大な物が出回ってたが、最近のはだいぶ小型になったとか。漬け込みのハマグリもつまみで。「新橋鶴八」と比べると若干漬け込みが軽く甘辛の味も軽めに感じる。聞いてみると漬け込みにつかう飴のようなタレの味は同じはずだが量を控えめにしているとのこと。お酒のアテにはこちらのほうがよいかね。

「鮨竹」は開店一年が過ぎて、水曜を定休日にしたみたいですよと教えてくれる。しばらく行ってないが、盛況のようだ。休市日なので日曜と水曜がお休みの寿司屋は多いと思うが、銀座で水曜定休は珍しいのでは。まあ飲み屋のおねえちゃん連れてくる客に依存しないということなら結構な話。同伴客というのは本人達は楽しかろうが、品がないわ傍若無人だわ香水プンプンだわと、居合わせた他の客全員にはただの迷惑でしかないからなあ。

お昼も一応「おきまり」があり営業しているのだが、仕込みも全て一人でやっているため、あんまり大勢来られても対応できない由。「お昼はお好みのお客さん二人くらいでよいなあ」と言うのだが弟子を取ったらよいのに。

「あいつには早く弟子取れと言ってるのに、技術を教えるのがもったいないとケチな料簡なんですよ」と本店の大親方がボヤいていた事を伝言(笑)。しかしいつ辞めるか分からないような半端な者には伝来の江戸前の技を教えたくないじゃないですかと、ここは割と頑固なのであった。

握りはまずヅケ、中トロと一貫ずつ。マグロ仲卸は元々「新橋鶴八」と同じところを使っていたのだが、この前尻尾のほうを出してきたので変えたのだとか。マグロが少ない時期なのだろうが、まあ、そんな交通事故のような事もあるのだなあ。

コハダは九州の分厚いものをネットリと〆てあるがやはり脂は抜けてきた。小柱軍艦は海苔の香りよし。アナゴも一貫。どれも鶴八伝来のしっかりした仕事。 当日電話してもあらかた入れるところもよい。今なら数回来たら直ぐに常連扱いになれる。新しいお客がもっと増えたらよいのだが。本日は軽めに切り上げてタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック