97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
6月後半、休暇でハワイに旅立つ前日、「新ばし しみづ」を訪問してたので、一応短い記録だけ。あ、そういえばハワイに行った記録もまだアップしてないな(笑)旅行出発の前日から休暇に入っていたので夜の部始まりの5時半に予約して入店。

お酒は冷たいものを。ラベルは「開運」となってたボンヤリした記憶あるが、最近酒の銘柄がまた変わったのかな。

休暇の予定など親方と雑談しながら、いつも通りつまみをおまかせて切ってもらう。

カウンタに座ってると「予約してないんですが入れますか」と覗く客がだいたい毎回いる。入れる時も入れない時も。まあ電話一本くらい事前に入れたほうがお互いのためとも思うけれども、フラッと入れるのも寿司屋の醍醐味のひとつではある。

もっとも親方に言わせると新橋烏森神社のこの界隈は酔いどれのサラリーマンも多いので、気楽に入って来れるような店構えでもちょっと困る時があるとのこと。そういえば「久」でも開店当初はベロベロに酔っぱらったサラリーマンが入ってきたりしたらしい。

カレイは肉厚で上品な夏の脂。タコは産卵を終えて段々と調子が出てきたとのことで、なかなか香り良し。塩蒸しアワビも実に立派なもの。肝も添えて。

カツオは皮目を炙って塩で。春先から夏の、脂より香りと旨味が立つカツオには、塩も結構合う。アジ、カスゴ、赤貝、トリ貝。貝類はそろそろ名残かな。夏ウニにアワビの煮汁煮凝りと山芋千みじん切りを掛けて。

この辺りで握りに。赤身、中トロ。マグロは佐渡だったか。コハダはまだ肉厚のものを入れているがさすがに終り。アナゴはトロトロ。カンピョウ巻貰って〆。「P.M.9」に寄ったら大いに酔っぱらった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック