97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
築地「鮨つかさ」訪問。
月曜は休肝日にするつもりだったが夕方ふと気が変わり、築地本願寺そば「鮨つかさ」に電話。前回電話した時は一杯だったが、この日は入れるという。入店すると子供連れのご夫妻一組。

ここは親方一人だから先客に握り出していると、ちょっと立て込んで、進行を待つ事になる。ま、冷酒を貰ってノンビリと。

まず白身はマコカレイ。身は分厚く切ってくるが、実に上品な脂と旨味。カツオは爽やかながら旨味も乗る。伊豆の鮑は生で。歯ごたえ良く爽やかな甘味がある。タコ。この時期には普通無いんですがと、北海道のブリ。根室の辺りで上がった10キロ弱だと。脂は天然独特のサラリとした脂。アジも肉厚。甘酢で和えた鮑肝もつまみで。

適当なところでお茶に切り替えて握りに。まず熟成されたタイ。ネットリした旨味が乗る。平貝はさっぱりした滋味。マグロはまず赤身。そして中トロ。もう青森辺りでも本マグロが上がりだしたとのこと。鮑も握りで一貫。

マグロ脳天スモークは、普段よりもスモークの香りが立つ。本日作成したばかりとのこと。コハダ新子は本日入荷がなかったとのこと。アジは生で淡路島と長崎を食べ比べ。そして酢締めを一貫。アナゴの後、最後の鉄火巻は大間のマグロ腹身で。マグロがこの店のスッキリした酢飯と海苔の風味に実に良く合う。

勘定したら、暑中お見舞いに海苔をいただく。丸山海苔店の「佐賀のはしり」。小分けにしてあって、おつまみに好適。香りがよいよねえ。

20150807220141f24.jpg









関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック