97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座八月納涼歌舞伎 第二部を観た
お盆休み初日午後は、歌舞伎座で八月納涼歌舞伎第二部に。八月は酷暑なので、人間国宝級の大御所はお休み。橋之助や中村屋兄弟の若手主体の興行で三部制となる。

20150809210137e5a.jpg 20150809210217cb7.jpg

去年の八月納涼歌舞伎では、「たぬき」で在りし日の三津五郎が出演していたのだが、あれが見納め。今年の納涼では、第一部と第三部に三津五郎所縁の演目が出されるので、第二部よりもそちらのほうが売れているようだ。

最初の演目は、「ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)」。「逆艪」の段。

主役の、船頭松右衛門実は樋口次郎兼光を橋之助が演じる。最初に花道七三で立った橋之助は、実に顔が大きく、まさに写楽の大首絵に描かれた役者がそのまま眼前に出てきたかのような感慨あり。あれが役者の血というものなのかねえ。

人形浄瑠璃から移された時代物。橋之助は割とすぐに引っ込んで、彌十郎と扇雀が延々と掛け合いを演じる。これはなかなか立派な演技と思うが、全体に前半のストーリーに起伏が乏しく退屈な感あり。「逆艪」という名前だけあって、船を漕ぐ観客もあちこちに(笑)。 最後は船を漕ぐ櫓を使っての立ち回りとなるのだが、子供の入れ替えと忠義の関係にカタルシスがあまり無いのだよなあ。勘九郎は最後にちょっと出てくるのみ。まあ八月納涼は元々軽い演目が出る傾向あるようだが。

三部制なので二部の幕間は特に食堂の営業無し。歌舞伎座二階の売店は、普通、助六弁当など売ってた記憶あるが、今回見るとパニーニやボックスランチなど、売ってる物が変わっていた。あれは納涼歌舞伎の時だけなのかな。次の演目は舞踊で打ち出し。もう眠くなることなかろうと生ビールを一杯。

「京人形」は、名工、左甚五郎が作った京人形に命が宿るという話。世の東西を問わず、芸術作品に命が宿るという同じ発想はあって、ジャン=レオン・ジェロームの「ピュグマリオンとガラテア」を思い出した。

jrm1508.jpg


七之助は、最初はぎこちない人形の動きだが、女の手鏡を胸元に入れられると突然に太夫が乗り移り、女そのもので妖艶に舞う。最初に箱に入れられている時には微動だにしないし、七之助の身体能力の高さには感嘆した。動きの切り替えが実にコミカルで、勘九郎との息もピッタリ。

京人形の精が箱に戻ると、出てくる姫は勘三郎の部屋子中村鶴松。隼人は、今まで見た事なかったが、まるで素人が歌舞伎の真似をやっているように見える。いつでも普通にあんなレベルなのだろうか。不可思議だなあ。

大工道具を象徴的に使った立ち回りは、ちょっと面白い趣向。30分の小品なので切りまであっという間に終わった。外にでるとまだ明るい夕方。昨日までよりも少し涼しい。これもまた良し。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック