97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問
月曜の夜は「新橋鶴八分店」。しばらく糖質制限したダイエットをやってたので、寿司屋に来るのも久しぶり。この店はお盆前に来たっけ。一番奥の席には座布団が引かれている。大常連O氏の予約が入っているようだ。

お酒は加賀鳶飲んでつまみから。白身はヒラメ。産地は北海道だとか。軽く乾いた感触のあるカレイに比べると、しっとりした脂。最盛期ではないが、季節はだんだんと秋になりつつあると感じさせる。

鶴八系では冬場のブリ、特に腹の身も美味いが、使うのはもう少し後からだとか。アワビ塩蒸しも鶴八伝来の味。炒りつけて身肉に閉じ込めたような香りがよい。しかし残念ながら今月一杯で終わりだとか。新橋鶴八本店ではエゾアワビも使うが、磯臭さが抜けないので分店では止める予定らしい。

サバはまだ脂が若干薄いが旨味はきちんとある。最近は貝類が少なく苦労する由。赤貝の札はあるじゃないかと聞いたら、これは種札にない石垣貝を仕入れたので、その代わりに札を出してあり、注文受けたら石垣貝ですがと断って出すのだと。三陸辺りのトリ貝を白くしたような貝で、甘味があるが、寿司種ではあまり使わないかな。

この辺りで大常連O氏が来訪。なんでも、先月のお盆休みに五十嵐親方と一緒に銀座「鮨竹」を訪問したらしいので、その時の話など。予約取ったのは五十嵐親方だが、事前には来訪を伝えてなかったので驚かれたと。まあそうでしょうな。

なんでも焼酎を持ち込みで飲み、つまみはあれこれ出してもらったが、握りについては「そうだなあ、コハダ2貫とあともうひとつ何か食ったかな」と。悪い客だなあ(笑)

ヒラメと小柱の蒸し物が供される。椎茸、えのきも添えて酢橘の香り。これから寒くなるとこんな暖かい一品があるとほっとする。加賀鳶をおかわり。

他のお客さんは皆帰られて、五十嵐親方と大常連氏と3人であれこれ雑談していたら、いよいよバーモードに。私も芋焼酎ロックに切り替えてあれこれ雑談していたら、ほとんど握りを食わないままに長居して酩酊してしまった。寿司屋に行っていったい何やってんだ(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック