97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
水曜は実に久々に「新ばし しみづ」。前の訪問は7月だったか。しばらくお酒と糖質を控えていたのも原因だが、それにしてもこんなに間が空いたのは久しぶり。

本来は休肝日にしようと思ってたが時ならぬ大雨で、こんな時なら空いてるのではと当日電話して席を確保。しかし7時半には満席になるというので結構な混雑。途中で予約無しで店を覗いた二人組は断られていたのがお気の毒。まあ事前に電話一本かけるのがお互いの為だが。

お通しはオリーブオイルと塩をかけたざる豆腐。お酒は冷たいのを。最近何種類か置いてあり、本日は「開運」。

いつも通りおまかせでつまみが出てくる。ヒラメは上品な旨味あり。スミイカ下足。もうスミイカもだいぶ大きくなってきたようだ。

大ぶりのタコはなかなか香りがよい。カツオは塩を当ててから皮目を炙る。これも爽やかな香りよし。

アワビは肝を添える。馥郁たる旨味十分だが、これもそろそろ時期は終わりで、今月一杯あるかどうか。三陸のサバは甘い脂がだいぶ乗ってきた。

酢で〆てから皮目をこんがりと焼き霜にした秋刀魚が供される。炊きたての御飯で朝食に食べたら最高だろうなあ(笑) 寿司種にはちょっと味が濃過ぎるかもしれないが、酒の肴にもよい。パックにしてデパ地下でお惣菜として売ればよいのではと推奨。毎年同じ事言ってるな(笑)。

風の噂では、イワシの酢〆のつまみも出してたらしいねと親方に問うと、あれは残念ながら8月一杯で終了しました。毎日毎日、今日はお見えになるかと一人前だけ残してあったんですがねと冗談を。当日電話しても、大抵は満席で入れないじゃないか(笑)

ウニと新イクラもちょこに盛り合わせておつまみに。北寄貝ヒモの串焼きも供される。種札にはないが、貝類が端境期で少ない時期だから。夏場はつまみ用にツブ貝も時折置いてある。

この辺りでお茶に切り替えて握りを。まず赤身、ついで中トロ。いつもながら強めの酢飯にマグロの脂とシットリした旨味が溶けこむかのよう。コハダは2枚づけを2貫。今年の新子はなかなか大きくならないとのことで、通常より若干〆は弱い気がするが、これはこれで薄めの身肉にフレッシュな旨味あり。

穴子はいつも通り、塩とツメで1貫ずつ。ハマグリのお椀が出て、最後は干瓢巻で〆。いつもながら安定の美味さ。寿司屋はやはり、あれこれ河岸を変えるよりも、通い慣れた店が一番だ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/13(日) 13:41:46 | | #[ 編集]
低糖質
糖質を減らしたダイエットすると身体はどうかとお盆前から一ヶ月試してみたのですが、御飯、麺類、パンなどの主食を原則無しにしてもさほど苦痛ではなく、内臓脂肪が減ったせいか、体脂肪率は14%台から11.4%まで下がりました。

軽い筋トレもやってたのですが、アメリカ時代のように一桁台にするには有酸素運動を増やさないとダメなようです。

アルコールも同時に控えてたのですが、しかし9月から元に戻したので、連日の酒でだいぶ揺れ戻しがw

お問い合わせの件については、今度店に聞いてみましょう。精製塩じゃなかったなあ、おそらく。
2015/09/15(火) 21:44:33 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック