97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲九月場所初日を観戦。写真日記。
大相撲九月場所初日。両国国技館で観戦。なかなか繋がらないネットのチケット大相撲で椅子席を確保したのだった。

20150914091707543.jpg 20150914091733ff5.jpg

2015091409180243d.jpg

本日の自由席も売切で前売りも全て完売の満員札止め。相撲人気の復活は本当だ。大盛況で結構な話。しかし、二階椅子席を見渡すに、幕内最後のほうの取組でも結構空きがある。「満員御礼」は7~8割客席が埋まれば出るそうであるが、茶屋や後援会、相撲部屋や旅行会社などに事前にバルクで売って、実際には末端まで売れておらず入場してない席が結構あるのではないか。

キャンセル不能でお金は貰ってるから、相撲協会は別に入場してもらわなくても損しないのだろう。ただ、もしもそんな売れ残りがあるのなら、最後まで相撲協会が払い戻し、ネットで一般に再売出すればよいと思うがなあ。歌舞伎座の「戻り」と同様に。協会は何一つ得しないが一般の相撲ファンの為にはなると思うが。まあ相撲チケットの仕組みはよく分からん。

20150914091832485.jpg 2015091409195336f.jpg
201509140919270d9.jpg 20150914092015194.jpg

席についてまずやれやれとプシュー(笑) 弁当は本日から新発売、「大関照ノ富士弁当」を。正面入口左では、3000円以上する「なだ万特製相撲弁当」なるものも販売されているのだが11時前に売切。ただ写真見るに、デパ地下で売ってる普通の「なだ万」弁当なんだけど。

「照ノ富士弁当」は牛タン、春巻き、鳥からあげと、ゆで卵、ポテトなど。ただ冷えた牛タンはあんまり弁当には向かないか。他の弁当も肉系で、焼き肉やらトンカツ、ソーセージなどガッツリ系満載なので、他にあまり選択が無いのかも。国技館に来ると、いくら食べてもよい気がするのが怖いところ。

20150914092115a35.jpg 201509140922437ae.jpg

先場所十両優勝、御嶽海の場所入りを見ていると、後ろで大歓声が。先場所で引退して大島親方になった元旭天鵬がたまたま建物から外に顔を出しファンに囲まれていたのだった。笑顔で握手に応じて大変愛想よい。もともと明るい性格の力士だったからねえ。

20150914092312a6e.jpg

当然ながら満員御礼が出る。

aIMG_1341.jpg

初日の協会ご挨拶は、北の湖理事長体調不良のため、八角親方が代読。理事長は場所には来ているようだが体調大丈夫かね。

aIMG_1352.jpg aIMG_1345.jpg
aIMG_1356.jpg aIMG_1363.jpg
aIMG_1366.jpg

幕内土俵入りの後、横綱土俵入り。まさかこの時は、後で白鵬が負けるとは思わなかったが。

aIMG_1377.jpg aIMG_1378.jpg
aIMG_1379.jpg aIMG_1380.jpg

結びの一番、白鵬ー隠岐の海戦にかかった懸賞は49本(後のニュースで50本と言ってたが、ラジオで聞いてたNHK解説では49本と聞いたがなあ)。これは、白鵬に一度も勝ったことのない隠岐の海が勝つと思った訳ではなく、初日のご祝儀だと思うのだが、なんと隠岐の海はけれんなく、巻き替えながら前に前に出て白鵬を圧倒。まさに衝撃の勝利。あんなに座布団が舞ったのも久しぶりでは。この時点では、翌日にまた白鵬が負け、休場するとは知る由もなかったが。

20150914092341fc1.jpg 201509140923591e3.jpg
201509140924317e2.jpg
201509140924558e9.jpg

打ち出し後、国技館を出ると、高い秋の空が茜に染まる。日ごとに日没が早くなり、千秋楽の頃にはもっと暗くなっているのでは。秋場所ならではの季節の移り変わりだ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック